楽天経済圏での過ごし方

まだ使ってない初心者必見!楽天ペイ3つのメリット!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【楽天村の村長】楽天経済圏を駆使して「節約」にストイックに取り組む!いつか楽天の本社に招待されることを夢見ているw
詳しいプロフィールはこちら

スマホ決済には興味があるけど、まだ実際に使ったことがない初心者のかたのための記事です。

さぁ、これから楽天Payを使うとこんないいことがありますよというお話をしていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━
楽天情報のライン公式アカウント
━━━━━━━━━━━━━━━━
キャンペーン情報やセール情報を逃して損しないために
“鮮度が命”の情報をLINEでお知らせ!

登録はこちら!

https://www.smartcitiesappg.com/rakuten-line-note/

まずは結論!

早い!簡単!便利!3つのメリットがある楽天ペイがおすすめ!

じつは楽天Payにはメリットがたくさんあります。

ただあまりたくさんメリットを紹介されても、「いやいや多すぎて覚えられんわ」ってなると思いますので、とびきりにおすすめしたいメリットをギューっとまとめて3つに厳選しました!

それでは早速、楽天Payの1つ目のメリットを紹介したいと思います。

メリット①会計が早い

1つ目のメリットは、早いという部分、これは何が早いのかというと、会計が早いということです。

楽天Payはレジでの会計が驚くほどスピーディーです。

具体的にどういう手順かというと、アプリを起動させるとこのような画面になります。

レジで会計するときに「楽天Payで」と言って、店員さんにこの画面を見せて、ここのバーコードを読み取ってもらうだけで支払いは完了します。

たったこれだけです。どうですか?早いでしょ?

それでは具体例として、現金との支払いと比べてみたいと思います。

現金の場合で一番の面倒なポイントは、現状で自分はいくら所有していて、そして今回の支払いで、いくら払うことができるのか。

たとえば501円のお会計だった場合、まずはちょうど払えるかどうかを確認します。

500円があるかどうか、次に1円があるかどうか。

500円はあるけど、1円がない、でも5円ならある。だから505円を支払った。

するとあら不思議!おつりを受け取ったら、支払った時よりも小銭の枚数が2枚増えました。

というちょっとした手品のような現象も起こります。

これがもしも510円なら3枚増えて、550円なら7枚も増えちゃいます。

現金であれば支払いのたびに、このような計算や、財布にある手持ちのお金とのやり取りをしなければいけません。

ちなみにこのお会計の金額で一番の悲劇は小銭がなかった場合です。

1000円支払ったら返ってくる小銭は合計14枚になります。

こちらも悲劇ですが、店員さんもなかなかの悲劇ですよね。

じゃあわかった!そりゃ現金と比べたら楽天Payのほうが早いだろうよ!

じゃあクレジットカード!クレジットカードだったら現金より早いだろう!

どうだ楽天Pay、クレカ払いよりも早いと言えるのか?という風に、まだ楽天Payのスピードを疑りたくなる人がいるかもしれないので、

次の具体例としてクレジットカードと比較してみましょう。

ここでは手数の勝負を比較してみます。

まずはクレジットカード。

1.財布を取り出す
2.クレジットカードを取り出す
3.「クレジットカードで」と店員さんに言う
4.クレジットカードを渡す
5.暗証番号の入力もしくはサインをする
6.クレジットカードを受け取る
7.クレジットカードを財布になおす
8.財布をカバンやポケットになおす

クレジットカードは支払い開始から完了までに手順が8回でした。

では次に楽天Payを見てみましょう。

1.スマホを取り出す
2.アプリを起動する
3.「楽天Payで」と店員さんに言う
4.バーコードを読み取ってもらう
5.スマホをカバンやポケットになおす

手順は5回でした。

楽天Payのほうがクレジットカードよりも早いことがわかってもらえたんじゃないかと思います。

しかもコンビニでわざわざクレジットカード使う人はあまりいないと思いますので、やはり手軽に利用できるという意味でも、クレカよりも楽天Payのほうが使い勝手がいいんですよね。

ただ、ここまでで、まるで楽天Payが最強かのようにお伝えしてきましたが、じつは楽天Payよりも会計が早い方法があります。

その方法なら、手順でいうと1回少ない合計4回で会計を終えることができます。

それは楽天エディのような、いわゆるおサイフケータイと呼ばれているものです。

具体的な手順としては

1.スマホを取り出す
2.「エディで」と店員さんに言う
3.スマホを専用端末にかざす
4.スマホをカバンやポケットになおす

アプリを起動するという部分が不要なので、手順は4回で済みます。

ここで1つ、視聴者さんからいただいたコメントを紹介したいと思います。

『EdyからPayになって逆に難しくなったと思います。店舗側の導入が簡単になった代わりに消費者側の操作が非常に多くなりました』

このようなコメントだったんですけど、じつは思いこみをされてるだけじゃないかと思うんですよね。

アプリを起動させるという操作をしているだけで、じつは操作が非常に多くなったわけではないです。

ただ、難しくなったように感じているとしたら、1手間だけ多いこの、アプリを起動させるという部分が、毎回、毎回となると多くなったと感じてしまうのかもしれないですね。

非常に貴重なご意見だなぁと思ったので、取り上げさせていただきました。

コメントしていただいて、ありがとうございます。

まぁこのように楽天Payは、一番早いわけではないですが、現金やクレジットカードに比べると圧倒的に早いのはわかってもらえたんじゃないかと思います。

では続いて2つ目のメリットですね。簡単という部分。いったい何が簡単なのかというと楽天Payはチャージ不要ということです。

メリット②チャージ不要で簡単

楽天Payなどのような決済方法を、スマホ決済とか、バーコード決済とか、単純にコード決済なんて風に呼ばれたりするんですが、だいたいのスマホ決済サービスは事前にチャージをする前払い方式が採用されています。

楽天Payの場合は事前チャージではなく、クレジットカードとの紐づけによる後払い方式が採用されています。

具体的にライバル会社と比較してみると、シェアNo.1のPayPay。

PayPayは事前にチャージする前払い方式が採用されていて、PayPay残高と呼ばれるチャージ残高が、仮に1000円だとしたら、それ以上の支払いをPayPayですることはできません。

ですので1001円のお買い物をする場合は、さらにPayPayに金額をチャージしなければ使うことができません。

それに比べて楽天Payは、チャージ不足で支払いができないということにはなりません。

だからチャージ不要で簡単というのが2つ目のメリットになります。

ではサクサク行きましょう!最後の3つ目ですね。

メリット③楽天ポイントが使えて便利

メリットの3つ目は便利!何が便利なのかというと、街のお買い物で楽天ポイントが使えるという便利さです。

これまでであれば、楽天ポイントは楽天市場でのお買い物に使用するのが通常でした。

一部の楽天ポイントが使えるお店で使用することはできたり、楽天Edyにポイントをチャージする方法などもあったのですが、楽天Payなら変換する必要もなく、ストレートに利用することができます。

しかもアプリのTOP画面から操作が簡単にできます。

こちらのチェック部分にチェックが入っていれば、支払いのときに楽天ポイントを使ってくれて、チェックが入っていなければ楽天ポイントを使わずに貯めることができます。

毎回の支払いのときに使うか、使わないか決めることもできますし、ここの設定という部分を押せば、毎回の支払いで楽天ポイントをすべて使うのか、一部だけ使うのか、まったく使わないのかなど、細かい設定ができます。

さらに便利なのが、期間限定の楽天ポイントを利用できることです。

もしも期間限定ポイントをもっている場合は、優先的に期間限定ポイントを使うことができます。

これは楽天Edyにはない機能ですので、とても便利な部分で大きなメリットです。

期間限定ポイントって、使うの忘れてて、案外知らない間に期限切れになっちゃうんですよね。

楽天Payなら、たとえばコンビニでも期間限定ポイントを使えるので、忘れて損することを防ぎやすくなります。

最後3つ目のメリットは楽天ポイントが使えて便利ということでした。

以上が楽天Payの3つのメリットになります。

最後にもう一度おさらいしておきましょう!

楽天Payの3つのメリット!早い!簡単!便利!の内容

①会計が早い
②チャージ不要で簡単
③楽天ポイントが使えて便利

楽天Payを使ったことがないあなた、お得がいっぱいでまったく面倒じゃない楽天Payをぜひ使ってみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
【楽天村の村長】楽天経済圏を駆使して「節約」にストイックに取り組む!いつか楽天の本社に招待されることを夢見ているw
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 楽天村 , 2022 All Rights Reserved.