楽天経済圏での過ごし方

楽天ポイントがお得に貯まる「3つの習慣」

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【楽天村の村長】楽天経済圏を駆使して「節約」にストイックに取り組む!いつか楽天の本社に招待されることを夢見ているw
詳しいプロフィールはこちら

どうも天村聡生(あまむら そうせい)です。

今回は、楽天ポイントがお得に貯まる「3つの習慣」というお話をします。

楽天ポイントは生活をお得に切り詰めるうえで、すごく便利なポイントです。

何よりも活用できる守備範囲がものすごく広いので、ポイント利用でいろんなものを割引くことができます。

その使用用途の広さでいうと、間違いなく日本一活用できる種類が多いです。

そんな楽天ポイントを最大限お得に獲得するために、僕が普段からやっている習慣を3つ紹介したいと思います。

本当は3つだけじゃなくてもっとやっているんですけど、とくにこれはぜひやって欲しい!という習慣を3つ厳選しました。

これを見れば、楽天ポイントを効率よく獲得していく方法がわかります。


ちなみに僕は楽天のキャンペーン情報やセール情報をお伝えしている『ライン公式アカウント』も運営しています。
毎月4~5通ほど、お得なキャンペーン情報を配信していて、今では3,000人以上の方に登録していただいてます。
ラインでタイムリーに情報を受け取れるので、ついつい忘れがちなキャンペーンのエントリーを逃すことがないからありがたい!というふうに喜んでいただいてます。
少しでもお得を逃したくない方がリマインダー機能のように、お使いただてますので、ぜひ登録して、お得に活用していただければと思います。

【登録はこちら】
https://www.smartcitiesappg.com/rakuten-line-note/

ということで、お待たせしました。

まずは1つ目の習慣を見ていきましょう。

1.コンビニはファミマで楽天ペイアプリを使う

コンビニで買い物するなら、僕はまずお店選びで優先順位をつけています。

もちろん家から近いとかそういう理由もありますけど、なるべく僕はコンビニで買い物するときにファミリーマートを選びます。

理由は楽天ポイントと楽天ペイを両方使えるからです。

楽天ポイントカードでショッピングポイントを貯めて、なおかつ楽天ペイでもショッピングポイントを貯めて、さらに楽天ペイを楽天カードと連携させておけばポイントの3重取りができます。

ですので同じコンビニで買い物するにしても、楽天ポイントが利用できるところのほうがお得になります。

ファミリーマート以外にもポイントの3重取りができるコンビニは、あと2つあります。

デイリーヤマザキ・ポプラでも楽天ポイントと楽天ペイが両方使えますので、この3つのコンビニのうちどれかがあれば、そのコンビニを優先させるのがおすすめです。

利用するときの注意点が2つあるので、お伝えしておきます。

楽天ペイアプリであれば、楽天ポイントカードのバーコードも表示できるので、わざわざ楽天ポイントカードを提出する必要はありません。

なので、携帯だけあればそれで買い物が完結するから便利なんですけど、注意点が2つあります。

1つ目がバーコードを提示する順番です。

正しい順番としては、楽天ポイントカードのバーコードを先に読み取ってもらってから、次に楽天ペイの支払いバーコードを読み取ってもらいましょう。

楽天ペイの支払いバーコードを先に読み取ってしまうと、それで買い物が完了してしまうので、あとでポイントをつけれなくなるからです。

多分、キャンセル作業などをしてもらえば、もう一度やり直せるんでしょうけど、迷惑になるので、なるべくそうならないように、バーコードを提示する順番には気をつけてください。

そして2つ目の注意点が、店員さん自体が理解してくれてないパターンです。

正しい順番を守って、楽天ポイントカードのバーコードを提示しても、店員さんが決済バーコードだと思ってスキャンすることが、けっこう高い確率で起きます。

決済バーコードじゃないので、レジが処理してしまうことはないんですけど、店員さんが軽くパニックになるケースもあるので、
僕は楽天ポイントのバーコードを出すとき、「ポイントお願いします」と一言いってます。

まぁ、これはわざわざ言う必要もないんでしょうけど、会計をスムーズにするのと、お互い気持ちいい取引ができるので、言うようにしてます。

以上が細かいですけど、2つの注意点でした。

ということで、楽天ポイントをお得に獲得する習慣の1つ目は、コンビニはファミマで楽天ペイアプリを使うということでした。

2.楽天ペイ→楽天カード→楽天Edyの順番

楽天経済圏にはキャッシュレス決済の手段が3つあります。

スマホ決済の「楽天ペイ」

電子マネーの「楽天Edy」

クレジットカードの「楽天カード」

僕はこの3つを駆使して買い物をしているんですが、この中で一番、楽天ポイントを多く獲得できるのが楽天ペイです。

楽天カードとの紐づけをすることで1.5%の還元になります。

次にお得に獲得できるのが楽天カードになります。

還元率は1%です。

ただし楽天Edyについても同じく1%なんですが、僕は優先順位としては、電子マネーで便利なEdyは使わずに、わざわざ楽天カードを使うようにしています。

理由としましては、楽天ポイントがつく金額の最小単位が違うからです。

どういうことかと言いますと、楽天カードの場合は100円につき1ポイントが付与されます。

ですので最小単位は100円刻みになります。

楽天Edyだとこれが、200円になります。

還元率は同じく1%なので、200円で2ポイントがもらえます。

ただし、内訳が違っていて、楽天Edyは支払いで0.5% + チャージで0.5%となって、合計で1%になります。

つまり支払い200円で1ポイント、チャージも200円で1ポイントで、あわせて200円で2ポイント。

支払い100円で0.5ポイントという付与はされませんし、チャージ100円で0.5ポイントも付与されません。

ですので楽天Edyの最小単位は200円刻みになるので、楽天カードの100円と比べた場合に、ポイント獲得できない可能性が高くなります。

なので僕は、キャッシュレス決済を使う優先順位は、楽天ペイ、楽天カードの順番で、楽天Edyはほとんど使わないようにしています。

ということで、楽天ポイントをお得に獲得する習慣の2つ目は、支払いの優先順位は、楽天ペイ→楽天カード→楽天Edyの順番にしているということでした。

3.楽天市場では「5と0のつく日」ではなく1日にする

これは多くの楽天ユーザーが知っている内容かと思うのですが、やっぱりどう考えてもお得なので紹介します。

楽天ポイント獲得のうえで外せないのが、楽天市場の買い物は1日が一番お得ということです。

楽天会員であれば、キャンペーンにエントリーするだけで無条件でポイントが3倍になります。

よく楽天市場の買い物で、5と0のつく日はポイント5倍キャンペーンというのがあるのですが、あれは楽天カードを利用している人しか受けれないキャンペーンです。

つまり楽天カードを持っていない楽天会員には関係のないキャンペーンなんですが、1日のキャンペーンは違います。

楽天カードを持っていなくても、すべての楽天会員がポイント3倍になります。

楽天カードを保有している楽天会員の場合はポイント5倍になりますので、5と0のつく日と同じ倍率になります。

ただし1日のキャンペーンでは、リピート購入でポイント2倍になるキャンペーンも同時開催されるので、日用品などの消耗品でリピートするものがあれば、お得に買うことができるので、5と0のつく日よりもお得になっています。

ですので、僕は楽天市場で買い物する場合、よっぽど急ぎの商品じゃない限りは、毎月1日のキャンペーンを狙って買い物するようにしています。

ちなみに毎月1日のキャンペーンは、ワンダフルデーという名前です。

以上が楽天ポイントがお得に貯まる「3つの習慣」でした。

最後に振り返ります。

1.コンビニはファミマで楽天ペイアプリを使う
2.楽天ペイ→楽天カード→楽天Edyの順番
3.楽天市場では「5と0のつく日」ではなく1日にする

お得に楽天ポイントを獲得していく3つの習慣が参考になれば幸いです。

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
【楽天村の村長】楽天経済圏を駆使して「節約」にストイックに取り組む!いつか楽天の本社に招待されることを夢見ているw
詳しいプロフィールはこちら

Copyright©    天村聡生 , 2023 All Rights Reserved.