スマホ決済やポイントサイトなど得するお金情報や副業など賢く稼ぐ仕事情報でスマートな生活を!

目的別!アフィリエイトの売上アップに必要なWordPressプラグイン

WRITER
 
アフィリエイトWordpressプラグイン
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら

アフィリエイトをこれから始めるにあたって、WordPressでどんなプラグインを入れると売上アップにつながるのか、わからないですよね。

 

じつはどんなアフィリエイトをするかで、必要なWordPressのプラグインは変わります。

 

物販アフィリエイトなのか、トレンドアフィリエイトなのか、商標サイトなのか、などあなたがやっているアフィリエイトの種類によって必要なプラグインは違います。

 

そこで、今回はアフィリエイトのシチュエーション別で、売上アップに必要なプラグインを紹介していきます。

 

どにプラグインが必要か迷っているなら、絶対に役立つ記事になっていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

 



大前提!必要なプラグインは目的によって変わる

 

まずは、大前提の部分からお話しさせていただきます。

 

万人に必要なプラグインは存在しないということです。

 

使用環境や目的によって必要なプラグインは変わるということで、以下の2つで必要プラグインは変わるということを覚えておいてください。

  1. 使っているテンプレートテーマ
  2. WordPressを使って達成したいこと

プラグインは使っているテンプレートテーマによって、必要なものが変わります。

 

なぜなら、テーマにはそれぞれに標準搭載されている機能が違っていて、プラグインがなくても実行できる場合もあるからです。

 

たとえば、無料で人気のテンプレートテーマ『Cocoon』は、記事のもくじを表示する機能が標準で搭載されているので、わざわざもくじを生成するプラグインの『Table of Contents Plus』をインストールする必要はありません。

 

そのため、お使いのテンプレートテーマにどんな機能があるのかを調べて、足りない機能であなたが必要と感じる機能をプラグインで追加しましょう。

 

また、あなたがWordPressを使って、何をしたいのかによっても、必要なプラグインは変わるということも覚えておいてください。

 

たとえば、読者や顧客の声を取り入れて、商品やサービスを向上させたい!と思えば、お問い合わせ項目を生成してくれる『Contact Form 7』は必要ですし、別に読者や顧客の声は必要ないよというなら、このプラグインはいらないですよね。

 

このように、あなたが何をしたいかによって必要なプラグインは変わります。

 

ここまでは一般的なWordPressプラグインの考え方をご紹介しました。

 

続いて、この記事の本題である「アフィリエイト別に必要なプラグイン」を紹介していきます。

 

アフィリエイト別に必要なプラグイン

 

タブレットからアイコンが浮かび上がる

 

WordPressを使って取り組むアフィリエイトには、大きくわけて2種類があります。

 

アフィリエイトの大分類
  • クリック課金型アフィリエイト
  • 成果報酬型アフィリエイト

 

広告がクリックされるだけで収益が発生する『クリック課金型』と、
商品やサービスが売れることで収益が発生する『成果報酬型』です。

 

クリック課金型に関しては、9割以上がGoogleアドセンスだと思いますので、簡単にいうとアドセンスか物販かの二択しかないと思ってください。

 

Googleアドセンスって何?というかたはこちらの記事を参考にご覧ください

天村聡生

 

クリック型と成果型アフィリエイトの売上アップに必要なプラグインを紹介します。

 

プラグインの入れすぎによるサイトの表示スピード低下や、相互干渉による不具合、セキュリティ対策の面から考えて、必要最低限のプラグインに抑えています。

 

また、それぞれのプラグインの詳細は、この記事の最後にある項目「WordPressプラグインの詳細」にて、紹介します。

 

クリック課金型アフィリエイトに必要なプラグイン

  1. AdSense Plugin WP QUADS
  2. WordPress Popular Posts
  3. Akismet Anti-Spam
  4. Broken Link Checker
  5. Google XML Sitemaps
  6. Jetpack by WordPress.com
  7. PS Auto Sitemap
  8. Table of Contents Plus
  9. PusHPress
  10. WP Multibyte Patch

 

成果報酬型アフィリエイトに必要なプラグイン

  1. Rinker
  2. Akismet Anti-Spam
  3. Broken Link Checker
  4. Google XML Sitemaps
  5. Jetpack by WordPress.com
  6. PS Auto Sitemap
  7. Table of Contents Plus
  8. PusHPress
  9. WP Multibyte Patch

 

目的別に必要なプラグイン

 

スマホからいろいろ

 

ここからは、目的別でおすすめのプラグインを紹介します。

 

絶対に入れなければいけないというわけではないので、あなたがどういうことをしたいかによって選別してインストールしてください。

 

くれぐれも入れすぎ注意ですよ!

天村聡生

 

サイト表示スピードをアップさせたい

  1. Compress JPEG & PNG images
  2. EWWW Image Optimizer
  3. Imsanity
  4. Optimize Database after Deleting Revisions

 

セキュリティ対策

  1. Akismet Anti-Spam
  2. SiteGuard WP Plugin

 

記事作成作業の効率をあげたい

  1. AddQuicktag
  2. TinyMCE Advanced

 

サイト管理を簡単にしたい

Show Article Map

 

ユニークなプラグイン

ZEBLINE

 

WordPressプラグインの詳細

AddQuicktag

 

addquicktag

記事投稿画面に便利なタグを追加して効率化できるプラグインです。

自前で書いた HTML なども登録しておくことができて、よく使うコードを登録しておけば、記事作成の時間短縮にもなり便利です。

 

 

AdSense Plugin WP QUADS

 

 

Googleアドセンスの広告を挿入するのに役立つプラグインです。

クリック型広告アフィリエイトをする人には欠かせないため、使い方をマスターしましょう。

 

 

Akismet Anti-Spam

 

AkismetAnti-Spam

 

ブログ運営をするうえで、必ず入るスパムコメント(簡単にいうと嫌がらせコメント)を自動的に排除してくれるプラグインです。

サイト運営で必須のプラグインですので、必ずインストールして有効化してください。

 

 

Broken Link Checker

Broken Link Checker は、リンク切れを教えてくれるプラグインです。

読者があなたのサイトに貼られているリンクをクリックしても、リンク先がなくなっている場合などが、たまにあります。

そのリンク切れを起こしているものを知らせてくれる便利なプラグインですので、インストールするのをおすすめしています。

 

Compress JPEG & PNG images

画像のサイズを圧縮して、サイト表示スピードを速くしてくれるプラグイン。

無料で使用できるサイズが決められているので、画像を多く使うひとはすぐに毎月の容量がオーバーしてしまうのがマイナスポイント。

※『EWWW Image Optimizer』より圧縮率が高く優秀ですが、併用はできません。

 

EWWW Image Optimizer

WordPressにアップした画像ファイルを自動で圧縮してくれるプラグインです。

ブログサイトの表示速度をアップさせる効果がありますので、インストールしておくといいです。

※『Compress JPEG & PNG images』の無料容量がオーバーした場合に、このプラグインに切り替えると便利。

 

Google XML Sitemaps

Googleの検索結果(Yahoo!も同じ)の順位を決定するクローラーbotのためのサイトマップを生成するプラグイン。

検索エンジンに自分のサイトを表示させるために、問答無用で入れないといけないプラグインです。

 

Imsanity

画像ファイルをWordPressに取り込むときに、画像サイズを自動で設定したサイズにリサイズしてくれるプラグイン。

(例えば、サイズ設定を500にしておくと、2000×1000の画像をアップした場合、サイズが自動的に500×250に変換される)

 

Jetpack by WordPress.com

様々な便利機能がパックになっているプラグインです。

あなたのブログサイトのアクセス状況を簡易的に把握できたり、

ブログ記事を公開するだけでTwitterやFacebookなどのSNSに連動させる機能などはかなり便利です。

 

Optimize Database after Deleting Revisions

リビジョンを一括削除したり、回数を設定するとそれ以上のリビジョンがたまらないように設定できるプラグイン。

サイトの表示スピードをアップさせる目的で使われます。

リビジョンとは、下書きやリライトをしたときにたまる、変更前の記事データのことです

天村聡生

 

PusHPress

記事の作成やリライトなどで更新したときに、検索エンジンに対してインデックスを促進してくれるプラグイン。

SEOに強いサイトを作るなら必須のプラグインです。

 

PS Auto Sitemap

サイトマップを簡単に作れるプラグインです。

サイトマップとは、あなたのブログサイトにどのような記事があるのかを一目で(1ペー ジで)判断できる案内ページのことです。

自分でサイトマップを作ろうと思えば、記事を更新するたびにリンクを追加していく作業が必要になり、記事数が増えると管理するだけで大変になります。

その点、このプラグインを使えば記事が更新されても自動的にサイトマップも連動して更新されるので、わざわざ自分でリンクを増やしていく必要はありません。

 

Rinker

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、もしもアフィリエイトの商品リンクを一括で表示してくれるプラグイン。

見た目もすごくきれいでオシャレなので、物販アフィリエイトするならぜひインストールしておきたいプラグインです。

 

Show Article Map

あなたのサイトの内部リンクを可視化してくれるプラグイン。

どの記事とどの記事がつながっているか、孤立無援の記事もすぐにわかるので、サイト作成するうえで、かなり便利です。

内部リンクとは、あなたのサイトにある記事同士をつなぐリンクのことです

天村聡生

 

SiteGuard WP Plugin

WordPressのログイン画面のURLを変更して、ハッキング対策をしたり、様々な攻撃から総合的にあなたのサイトを守ってくれるプラグイン。

設定方法がいろいろあるので、使い方がすこし難しいですが、安心してサイト運営できます。

 

Table of Contents Plus

このプラグインは、記事に目次をつけてくれます。

目次の生成は、ユーザーが知りたい内容がこの記事にあるのかという確認がし易いこと、見たい内容にすぐに到達できるので喜ばれます。

 

TinyMCE Advanced

WordPressの投稿エディタに文字の装飾などの様々な機能を追加してくれるプラグインです。

通常、文字の装飾には、HTML タグと呼ばれるプログラム言語を入力する必要があります。

しかし、このプラグインを入れれば、ボタンをワンクリックするだけで文字の装飾などができるようになります。

 

WordPress Popular Posts

よく読まれている人気記事をサイドバーや記事の下などに表示してくれるプラグインです。

トレンドアフィリエイトをやる場合には、かなり役に立つプラグインだと思います。

 

WP Multibyte Patch

WordPressの日本語ページには必要なプラグインです。

とりあえず有効化しておくだけでOK!

 

ZEBLINE

このサイトで使用している動くマーカーのプラグインです。

こんな感じでマーカーを引いたような動きのある線を引けます。

メリットは、読者の飽きを来なくさせることができるので、ページ滞在時間が伸びます。

ただ、有料のプラグインになります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© スマートシティ , 2019 All Rights Reserved.