お金に困らない、将来に心配しないスマートな人生のための情報

アドセンス広告自動挿入でおすすめのプラグインはAdSense Plugin WP QUADS

WRITER
 
Googleアドセンスを実践しているけど、広告管理、とくに広告を挿入する箇所などで便利なWordPressプラグインがあればなぁと、お探しではありませんか? それなら、『AdSense Plugin WP QUADS』がおすすめです。 AdSense Plugin WP QUADSを使えばアドセンス広告をブログの好きな場所に自由に挿入できるように設定することができます。 広告管理を一括でできる便利なプラグインの詳細をご紹介します。 AdSense Plugin WP QUADSとはGoogleアドセンス広告管理で便利なプラグイン Googleアドセンスの広告をWordPressのテンプレートテーマを、直接編集することなく管理できるプラグインが、AdSense Plugin WP QUADSなのですが、そもそもなぜGoogleアドセンスの広告をいろんな場所に表示したり、一括管理する必要があるのでしょうか? それは、Googleアドセンスは広告の場所でクリックされやすい場所と、されにくい場所があるからです。 Googleアドセンスは広告の場所でクリック率が違う 記事の冒頭、記事の真ん中、記事の最後。 Googleアドセンスは、クリックされやすい場所と、されにくい場所があります。 一般的には記事が終わってスグの広告がクリックされやすいという傾向にあると言われています。 ブログで扱っているテーマや、記事の内容によって、クリックされる確率がかわってきます。 広告を自動挿入する意味は? WordPressのテンプレートテーマを編集することなく、プラグインで広告コードを管理するほうが、人為的なミスでテーマがクラッシュすることを防げます。 とくに初心者のころは、HTMLやCSSの知識が浅いため、WordPressテーマを直接編集する行為はなるべく避けたほうが安全です。 そんな作業をするよりも、ひとつでも多く記事を書くほうがスキルアップにもなりますし、収益もアップします。 AdSense Plugin WP QUADSを使って、自動でアドセンス広告を挿入できるようになれば、わざわざHTMLを編集しなければならない時間を短縮できますので、プラグインを使うことをおすすめします。 AdSense Plugin WP QUADSの設定方法 ここからは、インストールと設定方法を紹介していきます。 インストール方法 [flow] ダッシュボードの『プラグイン』にカーソルをあわせ『新規追加』をクリック [/flow] [sankaku][/sankaku] [flow] プラグインの検索に「AdSense Plugin WP QUADS」と入力する [/flow] [sankaku][/sankaku] [flow] 『今すぐインストール』をクリック [/flow] [sankaku][/sankaku] [flow] インストールが完了すれば『有効化』をクリック [/flow] 設定方法 有効化をクリックすれば次のような画面が出てきます。 『Skip - Go to Settings』をクリックしてください。 次の画面に切り替わりますが、ここからは使い方の部分ですので、設定はこれで終了です。 AdSense Plugin WP QUADSの使い方 具体的にどのように使うのか、画像もまじえて解説していきます。 まずは、『Limit Amount of ads:』の部分で、1ページに表示する広告の数の上限を設定しましょう。 Googleアドセンスは、1ページに表示していい広告の数の規定がありません。 [lnvoicel icon="https://hobbyziness.work/wp-content/uploads/2019/04/af8bbf0759359cb79e0ad7c8355a8beb.jpg" name="天村聡生"]昔は1ページ3つまででした![/lnvoicel] コンテンツの内容によって、それに見合った広告の数を、作成者が決定しなければなりません。 そのため、あなたのブログ記事がどれぐらいのボリュームがあるのかによって、広告の数は変わってきます。 目安は1000文字に広告1つぐらいかなと思います。 [lnvoicel icon="https://hobbyziness.work/wp-content/uploads/2019/04/af8bbf0759359cb79e0ad7c8355a8beb.jpg" name="天村聡生"]この目安はあくまでボクの個人的な感覚の問題ですので、正解ではありません。あくまで参考までに[/lnvoicel] 『Limit Amount of ads:』にある『Unlimited』をクリックして、広告表示上限の数字を選びましょう。 つぎに下の部分にある『Position - Default Ads』について、この部分で広告をどこに表示するかという設定をしていきます。 ですが、初期状態では広告コードを登録していないので、ここでは何も選択することはできませんので、先にアドセンス広告のコードを登録していきましょう。 上部にある『ADS』タブをクリックすると上記のような画面が表示されるので、『Ad 1』をクリックします。 Googleアドセンスのページから、Googleアドセンスの広告コードをコピーしてきて、空欄の部分に貼り付けます。 あとは、何も設定する必要はないので、『変更を保存』をクリックしてください。 もしも、どこの広告がクリックされているのか計測したいのであれば、広告コードを何種類か作って、それぞれ『Ad 2』以降に設定してください。 続いて、『GENERAL & POSITION』をクリックして、初期画面に戻ります。 『Limit Amount of ads:』の上限数が『Unlimited』に戻っていれば、広告表示上限の数字をもういちど選んでください。 つぎに広告が表示される場所の解説をします。 [aside type="boader"] to Beginning of Post: 記事のはじめ to Middle of Post: 記事の真ん中 to End of Post: 記事の最後 right after the tag: 好きな場所に挿入できるタグのあと right before the last Paragraph : 最後の段落のまえ After Paragraph → to End of Post if fewer paragraphs are found. : 日本語では使いにくいので使用不可 After Image → after Image's outer wp-caption if any.: 指定した画像のあと [/aside] 表示させたい場所のラジオボックスにチェックをつけて、ad1やad2などを選んで、『変更を保存』すれば終了です。 [lnvoicel icon="https://hobbyziness.work/wp-content/uploads/2019/04/af8bbf0759359cb79e0ad7c8355a8beb.jpg" name="天村聡生"]設定お疲れさまでした!さいごに、表示させたい場所に広告が出ているか記事を見て確認してくださいね[/lnvoicel] その他にも便利なプラグインがたくさん! アフィリエイターのためのWordPressプラグインを紹介しています。 収益が伸び悩んでいる、もしくは作業効率を改善したいと考えているあなたは必見です! [kanren url="https://hobbyziness.work/wordpress/plugin/10select/"]
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら

 

Googleアドセンスを実践しているけど、広告管理、とくに広告を挿入する箇所などで便利なWordPressプラグインがあればなぁと、お探しではありませんか?

 

それなら、『AdSense Plugin WP QUADS』がおすすめです。

 

AdSense Plugin WP QUADSを使えばアドセンス広告をブログの好きな場所に自由に挿入できるように設定することができます。

 

広告管理を一括でできる便利なプラグインの詳細をご紹介します。

 



AdSense Plugin WP QUADSとはGoogleアドセンス広告管理で便利なプラグイン

 

 

Googleアドセンスの広告をWordPressのテンプレートテーマを、直接編集することなく管理できるプラグインが、AdSense Plugin WP QUADSなのですが、そもそもなぜGoogleアドセンスの広告をいろんな場所に表示したり、一括管理する必要があるのでしょうか?

 

それは、Googleアドセンスは広告の場所でクリックされやすい場所と、されにくい場所があるからです。

 

Googleアドセンスは広告の場所でクリック率が違う

記事の冒頭、記事の真ん中、記事の最後。

 

Googleアドセンスは、クリックされやすい場所と、されにくい場所があります。

 

一般的には記事が終わってスグの広告がクリックされやすいという傾向にあると言われています。

 

ブログで扱っているテーマや、記事の内容によって、クリックされる確率がかわってきます。

 

広告を自動挿入する意味は?

WordPressのテンプレートテーマを編集することなく、プラグインで広告コードを管理するほうが、人為的なミスでテーマがクラッシュすることを防げます。

 

とくに初心者のころは、HTMLやCSSの知識が浅いため、WordPressテーマを直接編集する行為はなるべく避けたほうが安全です。

 

そんな作業をするよりも、ひとつでも多く記事を書くほうがスキルアップにもなりますし、収益もアップします。

 

AdSense Plugin WP QUADSを使って、自動でアドセンス広告を挿入できるようになれば、わざわざHTMLを編集しなければならない時間を短縮できますので、プラグインを使うことをおすすめします。

 

AdSense Plugin WP QUADSの設定方法

 

 

WPQUADS

ここからは、インストールと設定方法を紹介していきます。

 

インストール方法

ダッシュボードの『プラグイン』にカーソルをあわせ『新規追加』をクリック
プラグインの検索に「AdSense Plugin WP QUADS」と入力する

 

キャプチャ

 

『今すぐインストール』をクリック
インストールが完了すれば『有効化』をクリック

 

設定方法

有効化をクリックすれば次のような画面が出てきます。

 

キャプチャ

 

『Skip – Go to Settings』をクリックしてください。

 

次の画面に切り替わりますが、ここからは使い方の部分ですので、設定はこれで終了です。

 

AdSense Plugin WP QUADSの使い方

具体的にどのように使うのか、画像もまじえて解説していきます。

 

キャプチャ

 

まずは、『Limit Amount of ads:』の部分で、1ページに表示する広告の数の上限を設定しましょう。

 

Googleアドセンスは、1ページに表示していい広告の数の規定がありません。

 

昔は1ページ3つまででした!

天村聡生

 

コンテンツの内容によって、それに見合った広告の数を、作成者が決定しなければなりません。

 

そのため、あなたのブログ記事がどれぐらいのボリュームがあるのかによって、広告の数は変わってきます。

 

目安は1000文字に広告1つぐらいかなと思います。

 

この目安はあくまでボクの個人的な感覚の問題ですので、正解ではありません。あくまで参考までに

天村聡生

 

『Limit Amount of ads:』にある『Unlimited』をクリックして、広告表示上限の数字を選びましょう。

 

つぎに下の部分にある『Position – Default Ads』について、この部分で広告をどこに表示するかという設定をしていきます。

 

ですが、初期状態では広告コードを登録していないので、ここでは何も選択することはできませんので、先にアドセンス広告のコードを登録していきましょう。

 

キャプチャ

 

上部にある『ADS』タブをクリックすると上記のような画面が表示されるので、『Ad 1』をクリックします。

 

 

キャプチャ

Googleアドセンスのページから、Googleアドセンスの広告コードをコピーしてきて、空欄の部分に貼り付けます。

 

あとは、何も設定する必要はないので、『変更を保存』をクリックしてください。

 

もしも、どこの広告がクリックされているのか計測したいのであれば、広告コードを何種類か作って、それぞれ『Ad 2』以降に設定してください。

 

続いて、『GENERAL & POSITION』をクリックして、初期画面に戻ります。

 

キャプチャ

 

『Limit Amount of ads:』の上限数が『Unlimited』に戻っていれば、広告表示上限の数字をもういちど選んでください。

 

つぎに広告が表示される場所の解説をします。

 

  • to Beginning of Post: 記事のはじめ
  • to Middle of Post: 記事の真ん中
  • to End of Post: 記事の最後
  • right after the <!–more–> tag: 好きな場所に挿入できるタグ<!–more–>のあと
  • right before the last Paragraph : 最後の段落のまえ
  • After Paragraph → to End of Post if fewer paragraphs are found. : 日本語では使いにくいので使用不可
  • After Image → after Image’s outer <div> wp-caption if any.: 指定した画像のあと

 

表示させたい場所のラジオボックスにチェックをつけて、ad1やad2などを選んで、『変更を保存』すれば終了です。

 

設定お疲れさまでした!さいごに、表示させたい場所に広告が出ているか記事を見て確認してくださいね

天村聡生

 

その他にも便利なプラグインがたくさん!

アフィリエイターのためのWordPressプラグインを紹介しています。

 

収益が伸び悩んでいる、もしくは作業効率を改善したいと考えているあなたは必見です!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© スマートシティ , 2019 All Rights Reserved.