スマホ決済やポイントサイトなど得するお金情報や副業など賢く稼ぐ仕事情報でスマートな生活を!

コロナショックの経済危機で注目されるベーシックインカムは実現するのか?どうなる未来の日本人

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら

 

今回は「コロナショックの経済危機で注目されるベーシックインカム」のお話をしていきます。

 

ベーシックインカムとは一言で簡単にいうと、すべての国民にお金を給付する制度のことです。

 

年齢・性別・所得の金額や有無など、いっさいの区別をせずに簡単にいうとすべての国民にお金をあげるってことです。

 

それを聞いて、ピンと来る人は、もうすでにピンと来たかもしれません。

 

コロナウイルスの経済危機をうけて、日本は国民全員に10万円を一律給付することにしましたよね。

 

まさにそれがベーシックインカムです。

 

予行演習とか、実験としてどうなるか注目している経済学者は多いようです。

 

さらにサッカーの本田圭佑選手も、このことについて、国民全員に対しての10万円給付はベーシックインカムの実験になるというコメントをしたりしています。

 

それぐらいに今、日本国民が注目しているベーシックインカムですが、じつは日本だけではなく、この動きは世界中でも大注目されています。

 

さぁそんなベーシックインカムについて、今回は基礎知識を知ってから、じゃあそれが実現したとしたら未来はどうなるのかというのを予想したいと思います。

 

それではスタートしていきましょう!

 

 

ベーシックインカムとは

先ほども言いましたが、ベーシックインカムとは政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要となる金銭を定期的に支給するという政策のことです。

 

簡単に言ってしまうとすべての国民にお金を給付する制度ってことです。

 

「貧富の格差を埋めるために実施するべきだ!」とか、「これからAIによってどんどん人の仕事が奪われていくから、最低限の収入を保証するべきだ!」というような理由から、最近になって注目されてきたのがベーシックインカムです。

 

さらにコロナウイルスの経済危機を受けて、その声が世界中で大きくなってきています。

 

もちろん仮に実現したとしても、最低限のお金の給付になると予想されるのでベーシックインカムだけで豊かな暮らしをしていくことは不可能だといわれています。

 

あくまでも生活の足しになるレベルだということです。

 

今回の10万円給付も、毎月10万円で生活していける人というのはかなり少ないでしょうし、あくまでも生活の足しという金額だと思います。

 

そんなベーシックインカムを実現するには、もちろん様々な問題があります。

 

中でも1番の問題は財源をどうするのかって部分です。

 

ようはベーシックインカムとして国が国民全員に支給するとしても、じゃあそのお金はどこから出てるんですか?ってことです。

 

日銀がたくさんお金作ればいいじゃないか!って思う人がいるかもしれませんが、そんなことしたらインフレになって財政破綻してしまいます。

 

お米を買うのに軽トラックの荷台いっぱいに札束を積んでお店にいって、ようやくお米一袋5キロを買えるみたいな世の中になっちゃうんで、お金をたくさん作るわけにはいきません。

 

まぁそうなってくると増税するしかないってことになるので、お金持ちがどんどん貧しい人のために働くっていう構図がより一層強くなるってわけです。

 

ちょっとどれぐらいの金額になるのか計算してみましょうか。

 

もしも国民1人あたりに今回の給付と同じく10万円を、これから毎月支給していくとして計算してみます。

 

今の日本国民の人口がだいたい1億2590万人なので、10万円 × 1億2590万人 となるので、答えは12兆5900億円という金額になります。

 

ですので毎月12兆円という金額を支給しなければいけないので、これがとんでもない金額なのは言うまでもないですよね。

 

この財源の確保問題がクリアにならない限り、ベーシックインカムを支給できる未来はやってこないというわけです。

 

それでも、今回、日本はコロナウイルスによる経済危機を受けて、国民全員に10万円を給付したわけなので、ベーシックインカム制度に向けて1歩を踏み出したのは間違いないですよね。

 

さらにこれは日本だけじゃなくて、世界の国の中ではすでにベーシックインカムを一部で実施している国もあります。

 

じゃあその国ではどうなったのかを見ていきましょう。

 

フィンランドの実施例

今回のコロナウイルスの経済危機をうけて、日本だけじゃなくて、世界の各国でベーシックインカムについての議論が加熱しています。

 

ドイツではアーティスト達が政府に対して立ち上がったり、そのほかの国でも、外出規制、仕事の規制を要請する国に対して、生活資金の保証を求めてベーシックインカムを要求する国が多くなっています。

 

そんな時代背景を受けるさらに前からベーシックインカムについてすでに一部の人に対して実施した国があります。

 

それがフィンランドです。

 

フィンランドでは2017年から2018年にかけてベーシックインカムの社会実験を行いました。

 

そしてつい最近、2020年5月6日に一連の研究成果をまとめた最終報告書が公表されました。

 

この実験の対象になった方の数は2000人で、25歳から58歳までの人で長期失業者の中からランダムで選ばれたようです。

 

2017年1月から2018年12月までの約2年間にわたって毎月560ユーロ、日本円にしてだいたい6万5000円を支給したという実験でした。

 

その間にもしも対象となる2000人の人が就職したり起業したりしても支給は継続されるので、この実験が開始される前は、もしかしたら失業率が低くなるんじゃないかというふうに予想されていたんです。

 

そして研究チームは、この実験でベーシックインカムを受給した人と、ベーシックインカムを受給していない低所得者を対象にアンケートを実施しました。

 

アンケート内容は雇用や収入、社会保障、心身の健康、幸福度、生活の満足度などでした。

 

要するにベーシックインカムは、受給者にどのような影響を与えたのかを分析したわけです。

 

結果は、ベーシックインカムの受給者のほうが、生活への満足度が高く、精神的なストレスを抱えている割合が少なかったというものでした。

 

ちなみに雇用に関しては大きく改善したという結果には至らなかったようです。

 

それでもフィンランド国民のアンケートでは、ベーシックインカムの導入について賛成している人が結構多くいるという結果になっているようです。

 

もしかすると世界の中でフィンランドがさきがけになって、ベーシックインカムを導入するかもしれませんよね。

 

それでこそ北欧は幸福度ランキングで上位になる国が多いので、理想のライフスタイルを世界に提示してくれるかもしれないので、そういう意味ではこれからもフィンランドからは目が離せないですね。

 

では、もしも日本で実現するようなことになったらどんな未来が起こるのかを予想してみましょう。

 

ベーシックインカムの未来はどうなる?

ベーシックインカムには2つの問題があるといわれています。

 

1つ目は先ほども言ったようにどこから財源を引っ張ってくるかということです。

 

では2つ目は何かというと、仕事をするモチベーションがなくなってしまうんじゃないかという問題です。

 

ここに関しては、与えてもらう金額によるとは思います。

 

仮に毎月5万円しか支給されなかったとしたら、それだけで生きていくことは不可能なので何かしら仕事をすることにはなります。

 

じゃあ10万円だったら、どうなるのか。

 

15万円だったら、20万円だったら。

 

20万円だったら、だいたい生きていけますね。

 

東京だと家賃が高いですけど、地方だと十分暮らしていける金額だと思います。

 

そうなったら、やっぱりあえて働かない人も出てくるでしょうね。

 

でも、そういう人は何をするんでしょうか。

 

ずーっとスマホゲームするんでしょうかって考えたときに、そりゃずっとそればっかりやる人も一定数いるのかもしれないですけど、たぶん大半の人は仕事すると思うんですよね。

 

自分が生きていくためのライスワーク、ようは食べていくための仕事ではなく、ライクワーク、つまり好きなことを仕事にしていくんじゃないでしょうか。

 

そうなったら社会はちょっと楽しくなりそうですよね。

 

生活がある程度保障された状態で、好きなことに取り組む人が増えてくる。

 

なんかそういう未来になったら犯罪とか、Twitterでの誹謗中傷とか少なくなっていきそうですよね。

 

将来生きていけるか不安という人も少なくなっていくでしょうし、何よりたくさんの人がイキイキする明るい未来になると思うんですよね。

 

もちろんベーシックインカムを実現するのは、ものすごく大変なんでしょうけど、そうやってイキイキして自分の好きなことをやって、それが社会に価値を与えていけば、経済も活性化されて、豊かになっていく人も多くなると思います。

 

そうなったら日本のお金の回転が良くなって、好循環が生まれるんじゃないかなぁって思うんですよね。

 

というかそうなって欲しいなぁって期待してるんですけどね。

 

やっぱり未来は明るいほうがいいし、みんなが下を向きながら、頭を抱えながら現状を嘆いたり、将来に希望が持てないって嫌じゃないですか。

 

ベーシックインカムが実現して、それだけでもなんとかギリギリ生きていけるお金を給付してもらったら、あとはそれにプラスアルファで自分の好きなことを仕事にしてお金を稼いでいく。

 

そしてそれでどんどん豊かになる人が増えたら、さらにベーシックインカムで給付できる金額をアップしていけて、そうなることでさらに希望を持てる人が増えていく。

 

あとはこの良い流れをどんどん拡大していったら、高度経済成長期のような明るい日本が取り戻せるんじゃないかぁって思います。

 

そんな未来を夢見て、これからもベーシックインカムがどうなるのか、世界での動きとかも注目していけたらいいですよね。

 

ということで、今回はベーシックインカムについてのお話でした。

 

ビジネスに関するメルマガを配信しています!

さらに今なら期間限定で「楽天アフィリエイトの極意をお伝えした動画」をメルマガ登録者の方に無料プレゼントしています。

あまり多くの人に知られるとライバルが多くなるのでいつまでプレゼントとして無料配布するかわかりません。

取り下げて見れなくなる前に今のうちに手に入れておいてもらえたらと思います。

興味がある方はこちらからご登録を!
https://www.smartcitiesappg.com/mail-magazine/

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら