お金に困らない、将来に心配しないスマートな人生のための情報

コインチェック評判!初心者におすすめだが流出事件でセキュリティは?

WRITER
 
コインチェック評判
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら

 

仮想通貨を始めてみたくてコインチェックを調べてみたけど、『損しないだろうか?セキュリティは大丈夫だろうか?』と悩んでいませんか?

 

じつは、この記事で紹介する『コインチェックのメリットとデメリット』を見ていただければ、誰でも簡単にコインチェックの特徴がわかります

 

なぜなら、多くの人が使用していて経験者の口コミや評判も紹介しているからです。

 

この記事では、コインチェックとはどんなサービスで良い点と悪い点を紹介して、口コミや評判、最後には登録方法もご紹介します。

 

記事を読み終えるころには、コインチェックがなぜ初心者におすすめと言われているか、そしてあなたに必要なサービスなのかがわかります。

 



コインチェックとは?

 

コインチェック

コインチェックとは、FXや投資信託で信頼を獲得しているマネックスグループ子会社が運営する仮想通貨販売取引所の名称です。

 

2019年1月11日、仮想通貨交換業者として金融庁に正式に登録されました。

 

仮想通貨は『販売所』で販売会社から売買する方法と、『取引所』で個人間で直接売買する方法の2種類があり、コインチェックはこの両方の売買方法を選ぶことができます。

 

仮想通貨販売所・・・個人が販売会社から仮想通貨を売買する(ショッピングモールタイプ)

仮想通貨取引所・・・個人が個人から仮想通貨を売買する(フリーマーケットタイプ)

 

ハッキング事件を乗り越えて

コインチェックは、2018年1月に日本円にして約580億円分の仮想通貨がハッキングされたという事件がありました。

 

被害にあった約26万人に対して総額460億円を返金するなど迅速で的確な対応を見せたことにより、ハッキング事件のセキュリティの甘さを挽回して評価を高めました。

 

ハッキング流出事件をきっかけにマネックスグループの完全子会社となり、現在ではセキュリティ対策も強化されています。

 

コインチェックのメリット

 

グラフ

 

コインチェックは2018年1月のハッキング事件に対する、迅速で適切な対応によって投資家の信頼を大きく獲得することができました。

 

事件への対応だけではなく、販売取扱所として以下のようなメリットがあるから人気となっています。

 

  1. 初心者でも始めやすく簡単に使える
  2. 使いやすいアプリ
  3. セキュリティが大幅に改善
  4. 取扱通貨が多い
  5. 貸仮想通貨サービスがある
  6. 盗難補償がある

 

初心者でも始めやすく簡単に使える

仮想通貨取引に慣れていない初心者の人でも安心して使えるように、コインチェックはパソコンやスマホアプリが見やすく操作も簡単という特徴があります。

 

チャートも見やすいので不慣れな初心者が仮想通貨取引をゼロからスタートさせるには最適です。

 

また販売所と取扱所の両方の機能があるので、初心者でも始めやすい販売所の売買を利用できるのは大きなメリットです。

 

使いやすいアプリ

コインチェックはスマホアプリツールが充実していて、見やすいチャートなどとにかくユーザーインターフェースにこだわった使いやすいアプリになっています。

 

アプリは会員登録しなくても誰でもダウンロードすることが可能で、仮想通貨をしてみたいけど始めるのが不安という人でも、実際のチャートを見て勉強することができす。

 

セキュリティが大幅に改善

 

 

コインチェックは過去の流出事件をきっかけに2018年4月にマネックスグループの完全子会社となり、セキュリティ対策の改善に取り組みました。

 

「2段階認証」や「コールドウォレット(オフライン保管)」などでハッキングから守ってくれるセキュリティ対策を実現し、その改善が認められて2019年1月に見事に金融庁から仮想通貨取引所としての認可が下り、正式な仮想通貨取引所としてのセキュリティ運営基準が満たされています。

 

取扱通貨が多い

コインチェックは2019年7月現在で取り扱っている仮想通貨は10種類です。

 

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. LSK(リスク)
  5. FCT(ファクトム)
  6. XRP(リップル)
  7. XEM(ネム)
  8. LTC(ライトコイン)
  9. BCH(ビットコインキャッシュ)
  10. MONA(モナコイン)

 

他の販売取引所は5~7種類ですので、国内でも最多となる取扱数です。

 

貸仮想通貨サービスがある

銀行の定期預金のようなサービスで、コインチェックに仮想通貨を預けておけば最大年利5%の利息分の仮想通貨をもらえるというサービスです。

 

10万円以上でないと利用することはできないのですが、長期間にわたって仮想通貨を保有する予定の人にとってはお得なサービスです。

 

【利率と貸出期間】
  • 年率1%(14日)
  • 年率2%(30日)
  • 年率3%(90日)
  • 年率5%(365日)

 

盗難補償がある

コインチェックには100万円までの盗難補償があります。

 

もしかするとハッキング事件があったからという理由が強いのかもしれませんが、国内販売取引所としてはbitFlyre(ビットフライヤー)とコインチェックのみです。

 

ちなみにビットフライヤーは日本円のみの補償ですが、コインチェックは日本円とビットコインの両方を補償してくれます。

 

コインチェックのデメリット

 

うなだれるうさぎ

 

仮想通貨初心者にとってメリットが多いコインチェックですが、もちろんデメリットもありますので、取引を開始する前にしっかりと理解しておきましょう。

 

  1. 手数料が高い
  2. レバレッジ取引がビットコインのみ

 

入出金手数料が高い

GMOコインやDMMビットコインでは入出金手数料が無料なのに対して、コインチェックでは手数料がかかってきます。

 

銀行振込(日本円) 無料(振込手数料は自己負担)
コンビニ入金

(入金額から手数料が差し引かれます)

3万円未満 756 円
3万円以上30万円以下 1000 円
クイック入金(入金額から手数料が差し引かれます) 3万円未満 756 円
3万円以上50万円未満 1000 円
50万円以上 入金金額×0.108% + 486 円
日本円出金 400 円

 

レバレッジ取引はビットコインのみ

コインチェックではレバレッジ取引ができる仮想通貨はビットコインのみとなっています。

 

他の販売取引所ではビットコイン以外の通貨も扱っているため、ビットコイン以外の取引ができないのはデメリットになります。

 

レバレッジ取引とは実際に仮想通貨を売買する「現物取引」ではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文する取引方法のこと

 

コインチェックの評判・口コミ

 

耳打ちで驚く女性

 

 

 

 

 

 

コインチェックの口座開設方法

 

メールアドレスとパスワードを設定して新規登録をクリック

(Facebookアカウントでも作成ができます)

 

入力したメールアドレスにメールが届くので記載されているURLをクリックするとアカウント登録が完了します。

 

SMS認証をします
本人確認書類/IDセルフィ―を提出します

 

 

まとめ:コインチェックで仮想通貨取引を始める

コインチェックとは
FXや投資信託で信頼を獲得しているマネックスグループ子会社が運営する仮想通貨販売取引所の名称

 

コインチェックのメリット

  1. 初心者でも始めやすく簡単に使える
  2. 使いやすいアプリ
  3. セキュリティが大幅に改善
  4. 取扱通貨が多い
  5. 貸仮想通貨サービスがある
  6. 盗難補償がある

 

コインチェックのデメリット

  1. 手数料が高い
  2. レバレッジ取引がビットコインのみ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© スマートシティ , 2019 All Rights Reserved.