スマホ決済やポイントサイトなど得するお金情報や副業など賢く稼ぐ仕事情報でスマートな生活を!

コミュニケーション能力とは自己滅却!高い人に鍛える2つの方法

WRITER
 
コミュニケーション能力とは高い人鍛える
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら

 

コミュニケーション能力を高めたいけど方法がわからないとお悩みではありませんか?

 

じつは、この記事で紹介する『コミュニケーション能力を高める2つの方法』を実践すると、誰でも簡単にコミュニケーション能力を鍛えることができます。

 

この記事では、コミュニケーション能力とは何かを解説してから、高くして鍛える方法を紹介します。

 

記事を読み終えると、今後人間関係やコミュニケーションで悩むことは一切なく、魅力的な人と思ってもらうことができます。

 



コミュニケーション能力とは自己滅却

 

 

コミュニケーションとは相手がいてはじめて成立するため、コミュニケーション能力とは相手のことをただひたすら思う気持ちと言ってもいいです。

 

なぜならコミュニケーションがうまくいかない人は、そもそもの考え方の時点で矢印を自分に向けてしまっているケースが多いからです。

 

たとえば「わたしは話が下手だから」「口下手だから」「話がつまらないから」「機転が効かないから」と自覚している人は、コミュニケーションがうまくいかないのは『自分のせい』だと思っています。

 

しかしあなたの性格や特徴のせいというわけではなく、『自分のせい』だと矢印を自分に向けてしまっている考え方自体が問題だということに気が付いていません。

 

口下手でも話がおもしろくなくても、矢印を相手に向けることができればコミュニケーションは格段に良くなります。

 

自己滅却と言うと大げさですが、矢印は自分へ向けるのではなく、相手に向けましょう。

 

コミュニケーション能力を鍛える2つの方法

 

探偵少年

 

まずは「相手に興味を持つ」ことから始まり、そして次に「相手の喜びを最優先に考える」ことができるようになれば、もはや神レベルのコミュニケーション能力といっていいです。

 

方法1:相手に興味を持つ

まずは相手に興味を持つことから始めましょう。

 

なかなか相手に興味を持つことができないという人は、その相手と話していきながら、少しずつ共通点を探していきましょう。

 

好きな食べもの、嫌いな食べものなど、どんなことでもいいので共通点を見つけて、その共通点を増やしてみてください。

 

「あぁ、わかるわかる!自分もそれ好き!」とか思えるようになれば、相手への興味や関心は大きくなっていきます。

 

そうなればコミュニケーションの大前提である「相手に興味を持つ」というのはクリアです。

 

共通点を探して見つけたとしても興味を抱くことができないのであれば、その人と深いコミュニケーションはできないと思ってあきらめることも重要です。

 

その場合の注意点として、相手を悪く思ったり、「口下手」とか「話がおもしろくない」などと自分の能力が低いせいだと思ったりするのではなく、単純に「この人と自分が合わなかっただけ」と割り切りましょう。

 

世界にはたくさんの人がいます、合う人、合わない人がいて当然です。

 

1人と合わなかっただけで、すべてが終わったような錯覚を覚えるのはやめてくださいね。

 

方法2:相手の喜びを最優先に考える

興味を持つことができた相手が見つかれば、その次にその人の喜びだけを考えるようにしましょう。

 

それを自然と思うことができれば、あなたはコミュニケーションマスターです。

 

「相手の喜びを最優先に考える」なんてことを言うと、「自分の感情は押し殺してでも相手につくす」と考えてしまいそうになりますが、自分の感情を押し殺したり、自分にウソをついてまで相手のことを考えるようなコミュニケーションは、まっとうなコミュニケーションとは言えません。

 

大切なのは『自然と』相手のことを優先的に考えていることです。

 

そうなるためにはやはり、相手に興味を持ち、好きにならなければできません。

 

気の合う友達とか、恋人というのはそうやってできてきました。

 

会社での人間関係がうまくいかない理由の1つもじつはこれで、会社では単純に「業務上」の関係性だからというのがあります。

 

そこには「利害関係」というのが多かれ少なかれあるので、学生時代の友人や恋人のように「無償の愛」を注ぐことができません。

 

そのことをしっかりと理解していない人が多く、「会社での人間関係がうまくいきません」ということを言うのですが、うまくいくわけはないんです。

 

関係性のベースにあるのが「業務上」の関係だからです。

 

そこを割り切って付き合っていかなければ、心をすり減らすことになります。

 

会社内においてコミュニケーション能力が高い人というのは、実際には高い人に見えるぐらい誰とでも気兼ねなく話をすることができる人というだけの存在であって、心の底では「相手やまわりから自分がどう見られているか」ということだけを考えている人が多いのが実情です。

 

つまり「相手のことを考えている」人はいないということです。

 

そういう存在を目指す必要はありません。

 

本当のコミュニケーションの達人は、相手のことだけを真剣に考えることができて、「相手の喜びを最優先に考え」それを実行することができる人です。

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© スマートシティ , 2019 All Rights Reserved.