お金に困らない、将来に心配しないスマートな人生のための情報

Googleアドセンスとは?収入の仕組みや自動広告を解説!

WRITER
 
Googleアドセンスとは
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら

 

Googleアドセンスを知らないと、これからの時代で大きく損することになります。

 

あなたの人生の選択肢が増えて好転するチャンスをたくさん秘めているからです。

 

まずは最低限理解したうえで、実践するのか、しないのかを選んでください。

 

Googleアドセンスを実践するか、それはもちろんあなたの自由ですが、絶対に知っておいたほうがいいので、この記事で詳しく解説させていただきます。

 

「どのような仕組みで広告収入が発生するのか?」というGoogleアドセンスのメインと言っていい部分から、

「広告費と製品コストのちょっとブラックな話」まで、こちらの記事で解説していきます。

 

Googleアドセンスとは何かを明確にわかるようになりますので、最後までご覧ください。

 



Googleアドセンスとは

Googleアドセンス

Googleアドセンスとは、検索エンジンで有名なGoogle社が提供するコンテンツ連動型広告のことです。

 

「コンテンツ連動型広告って何!?」となると思います。

 

コンテンツ連動型広告は、簡単にいうとインターネットサイトの内容を自動的にGoogleが把握して、その内容と関連する広告をピックアップして表示してくれる広告システムのことです。

アドセンス説明図

たとえば、テレビゲームやスマホゲームを紹介するブログにコンテンツ連動型広告であるGoogleアドセンスを導入したとします。

 

すると、広告の内容は自動的にゲームに関連するものが掲載されるようになります。

 

これがコンテンツ連動型広告です!

天村聡生

 

非連動型広告だと、いざ広告を載せたいと思っても、掲載する内容を1からあなたが選択する必要が出てきます。これは面倒ですよね。

 

インターネットにゲームの広告を掲載したいから、まずは広告を出したい会社を探す。

 

つぎにその広告と契約して、細かい収入の内訳などを打ち合わせして決める。

 

で、それが終わればいよいよブログページに載せる。

 

それらをすべて自分でおこなうって、かなりの手間です。

コンテンツ連動型広告 = 掲載される広告は自動

コンテンツ非連動型広告 = 掲載される広告は手動

 

探す段階で大きな労力を必要として、さらに広告掲載してもいいかどうかのオファーから、掲載する広告画像や文章などを考えて、料金はいくらで掲載するのかという価格交渉をクライアントと話し合って決めなければいけません。

 

また、クリック型の報酬にするのか、実際に商品が売れたときに報酬が発生するのかなど、細かい部分まで決めていく必要もあるでしょう。

 

自分で広告を掲載しようとすると、これだけたくさんの労力と時間、コストが必要になってきます。

 

やっとの思いで掲載した広告が、全然見てもらえなかった。そんな悲惨な結果になったら、ゾッとしますよね。

 

そんな恐ろしい事態を招かないため、広告掲載に関する一切の決めごとをGoogleが全部やってくれるのが、このコンテンツ連動型広告であるGoogleアドセンスというわけです。

 

Googleの狙い

Googleアドセンスが自動で表示してくれる広告というのがわかったと思いますが、いったいなぜ、Googleは手間の掛かる広告掲載を率先しておこなっているのでしょうか。

 

そこにはもちろん、ちゃんとした理由があります。

 

Googleの理念にも通じる部分ですので、まずは掲げられている理念をご紹介します。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番
  3. 遅いより速いほうがいい
  4. ウェブでも民主主義は機能する
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる
  10. 「すばらしい」では足りない
顧客に対して、利益を感じてもらえるようにとことんまで仕事を追求する姿勢があれば、悪事を働かなくても稼ぐことができるとGoogleは考えています。

 

ここでいうGoogleにとっての顧客とは、3つの相手が考えられます。

  1. 広告を出したい企業
  2. 記事を読むユーザー
  3. 記事に広告を掲載するサイト作成者
この3者すべてに対して、利益を感じてもらえることをGoogleは理想と考えていて、それを実現しているのがGoogleアドセンスというわけです。

 

年々ひろがる認知度

 

アドセンスがなぜ支持されているのかがわかれば、あなたの人生を良くするヒントを手に入れることができます。

 

日本では、2003年からGoogleアドセンスのサービスが開始されました。

 

この記事を作成しているのが2018年ですので、約15年の歴史があることになります。

 

Googleアドセンスがもっとも多く掲載されているメイン媒体はブログです。

 

企業ではなく個人でも簡単に始めることができるブログサービスが爆発的に人気になったのも、Googleアドセンスにとっては追い風になりました。

 

初期投資や月額利用などの費用がいっさい掛からないことも認知度を拡大させやすい起爆剤になったと言えます。

 

ブログでアドセンス広告を見る機会が多いですよね

天村聡生

 

スマートフォンの普及で、わたしたちは簡単に検索して知りたいことを得ることができるようになりました。

 

スマホの普及により、Googleアドセンスの普及率は年々増加しています。

 

公式サイトには、「200万人に選ばれているAdSense」とあります。(もちろん全世界での数字だと思います)

 

テレビは見ないけど、ネットはするという人も多くなっています。今後さらにGoogleアドセンスは普及していくでしょう。

 

働き方改革の先駆者

Googleアドセンスを理解すれば、あなたは新しい働き方を手に入れることができます。

 

しかも、それはこれからの時代に必要な、新しい働き方なんです。

 

政府が推進する働き方改革は、現代のわたしたちの仕事の在り方を考えさせられる部分が多いと思います。

 

昔と比べて、仕事が多様化している。もしくは、これから訪れる超高齢化社会や、少子化、外国人労働者の増加、IT技術による機械化というのも、仕事の在り方が変革していく要因です。

 

たとえば、在宅ワークやリモートワーク、テレワークという働き方が認知されつつありますよね。

 

今までになかった新しい働き方です。これらはまさに政府の働き方改革が目指したい到達点なんだと思います。

 

そんな中で、Googleアドセンスというのは、もっとも効率的で先進的な働き方を可能にしてくれる方法なんです。

 

では、なぜそこまで素晴らしいビジネスモデルなのでしょうか?次の項目から具体的な内容を紹介します。

 

Googleアドセンスには、これまでの広告業界による慣例を打ち破った革新的なシステムが採用されています。

 

その仕組みはなかなか秀逸でおもしろいので、詳しく紹介します。

 

これまでの企業広告

まずは、これまで長い間一般的に利用されてきた広告業界のシステムを見てみましょう。

 

一般的な広告媒体には以下のようなものがあります。

  • 新聞広告
  • 折り込みチラシ
  • テレビ広告
  • ラジオ広告
  • ビル看板
  • 電車内広告

これらの広告の共通点は、掲載するだけで費用が必要ということです。

 

たとえエンドユーザーに見られても、見られなくても毎月莫大な広告料が掛かっていました。

つまり掲載するだけでお金を払う必要があるんです。

 

企業の理想は、できるだけ広告費用を抑えつつ、製品を一人でも多くの顧客に認知してもらいたいことです。

 

都合がいいといえば都合がいい考え方ですが、利益を重視するならまっとうな考え方

天村聡生

 

たとえば、多くの薄毛の人の悩みを解決してくれる画期的な育毛剤が製品化されたとしても、広告費を払えないと、誰にも知ってもらえないから、その製品は売れなかったなんてことも起こります。

 

少しブラックな広告と製品の話

その一方で、バンバン広告されている製品などは、製作コストのなかで広告費が占める割合が高いため、あまりいい成分を使っていない製品が多いです。

 

かなりブラックなことを言ってますが、これは事実

天村聡生

 

製品の作成前にコストの割り振りをするのですが、広告費が5割以上を占めたりすると、残りの半分で製品の成分や人件費なんかを考えていかないといけません。

 

そうなるとおのずと良い成分なんて使えませんよね。

 

極論いっちゃうと、誰もが知っているシャンプーほど、安い合成化学成分をふんだんに使っていたりします。

 

それを一流有名人がサラサラでキレイな髪をなびかせてCMで舞っている姿を見ると「私も!」ってなっちゃうんですよね。

 

ビジュアルの魔力ってやつです。テレビでそんな素晴らしいCMを見ると、すり替え作用が働いて、製品まで素晴らしいと勘違いしてしまうんです。

 

でも実際には、その製品の半分は広告費でできています。

 

もっと言うと、その女優さんは、違うヘアケアをしているから髪が美しいんです。そのシャンプーを使っているからではありません。

 

全部の製品がそうではありませんが、大半の製品はそのような仕組みで作られています。

 

良い製品を作っているのに知ってもらえない!そんな企業のジレンマを解決するシステムをGoogleは考えました。

 

まさに、理念通りだと思います。

徹底的に顧客の立場に立つ。これってわかっていても、なかなか実戦できません。

 

Googleアドセンス自動広告の仕組み

これまでの企業広告には様々なデメリットやジレンマがありました。

企業のデメリット
  • 見ても見なくても料金が発生する
  • 広告費が製品コストの大半を占める
ユーザーのデメリット
  • 興味もない広告を見せられる
  • 本当に良い製品に出会えない

 

そこでGoogleが採用した広告システムは、「企業が見せたい広告」を「見たいと思うユーザー」だけに宣伝するというものです。

 

すごくシンプルな考えですが、それを実現するには無駄のないシステムを整える必要がありました。

 

Googleアドセンスのシステムを運用するには、Googleが顧客として捉えている三者(企業・紹介者・エンドユーザー)のすべてが揃ってからはじめて実現します。

 

Googleは広告を掲載したい企業を募り、同時にその広告を紹介してくれる代理店を探す必要があります。

 

さらには、その代理店が抱える顧客に適した広告を提示するという3つの課題がありました。

  1. 掲載したい企業の募集
  2. 広告を掲載してくれる代理店の募集
  3. 代理店が抱える顧客に適した広告の掲載

これらをすべて可能にしたシステムがGoogleアドセンスのコンテンツ連動型広告です。

Googleアドセンスによるメリットを見てみましょう。

 

企業のメリット
  • 広告費のコストカット
  • 興味顧客への最短アプローチ
  • 広告代理店の選定が不用

広告を出したい企業側は、Googleアドワーズというシステムに登録して広告を掲載します。

 

これだけだと今まで通りの広告代理店と同じですが、Googleが考えたアドセンス広告のシステムでは、クリックされた回数で料金が発生する仕組みになっています。

 

たとえば、ニキビ改善の化粧品を作っているメーカーが広告を出して自社の製品を宣伝したいと考えた場合、ユーザーが検索するであろうキーワードを選択して、広告を打ち出していきます。

 

「ニキビ 治し方」というキーワードを選んだとしたら、それに見合った広告料が設定されていて(検索回数が多いキーワードは料金が高い)、1回クリックされると広告料が発生する仕組みになっています。

 

つまり、企業が掲載した広告が運悪く月に1回もクリックされなかった場合、企業はGoogleに広告料を支払う必要がないということになります。(厳密にはシステム利用料を払う必要はあります)

 

そのため、企業にとってみると無駄な広告料を払う必要がなく、大幅なコストカットをすることができます。

 

これだけでも企業にとっては、かなり大きなメリットです。さらにメリットはまだあります。

 

メーカーが作る製品に興味を持つ人を対象に広告を掲載することができるので、成約までのスピードが速いということです。

 

さらに、どの広告代理店を選ぶかという選定作業も不用になります。メーカーはGoogleアドワーズのみに登録しておけばいいからです。

 

企業広告のコストカットがもたらす好影響

広告にかかる費用をカットすることにより、企業は製品自体にコストをかけることができるため、より良い製品作りを実現できるという大きなメリットを得ることができるのです。

 

企業のそのメリットは、直接わたしたちエンドユーザーにも恩恵をもたらしてくれます。

 

より良い製品に巡り会える機会が増えることはいいことですもんね。

 

そして、この記事を読んでくれているあなたは、企業とエンドユーザーを繋ぐ役割をこれから担っていくチャンスがあるということです。

 

あなたは企業と顧客を繋ぐ大事なブリッジ

企業が依頼した広告を掲載する立場にあるのが広告代理店です。

 

Googleアドセンスのシステムでは、この部分をあなたが担当することになります。

 

しかし、難しい作業は何ひとつありません。Googleから付与されたアドセンスのコードをブログやサイトに記載するだけで、広告が表示されます。

 

あとはクリックしてもらいやすい配置レイアウトなどを考えて、必要としている読者に広告を見てもらうだけです。

 

企業が宣伝したい商品やサービスなどを、あなたのブログを媒体にして紹介するという仕組みです。

 

広告はコンテンツの内容を自動的に判断して表示されます。

 

ですので、あなたがニキビの治しかたを紹介するブログサイトを作っていたら、先ほど例で出した企業の広告が掲載される可能性が高いという仕組みです。

 

あなたはブログ記事の文章作成にだけ集中していけばいいだけです!

天村聡生

 

やがて、あなたのブログ読者が興味のある広告をクリックしてくれたら、紹介料という形であなたのもとに料金が支払われます。

 

Googleアドセンスを始めよう

企業にとっても、顧客(あなたのブログ読者)にとっても、紹介者(あなた)にとっても、すべてにメリットがあるシステムがGoogleアドセンスです。

 

まさにwin-win-winの関係です。

 

さらにこの状況を提供してくれたGoogleにもwinがつくので、「win-win-win-win」という素晴らしい正のスパイラルが生まれるわけです。

 

あなたもGoogleアドセンスで、広告を記事に掲載してみましょう。

 

お金だけではなく、キーワード選定スキルやWeb集客スキルなど、様々なスキルもついて成長できるのも、大きなメリットです。

 

Googleアドセンスのプログラムに参加するには、Googleが設けた審査に通過する必要があります。

その審査については、こちらの記事でご紹介しています。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© スマートシティ , 2019 All Rights Reserved.