お金に困らない、将来に心配しないスマートな人生のための情報

確定拠出年金とは?評判やデメリット・個人型iDeCoと企業型の違い

WRITER
 
確定拠出年金とは
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら

 

確定拠出年金やiDeCo(イデコ)という言葉はよく聞くけど、「内容やどんなこと制度なのかわからない」と思っていませんか?

 

じつは、この記事で紹介する『確定拠出年金の詳細やメリットとデメリット』を見るだけで、誰でも簡単に確定拠出年金が何なのかがわかります

 

なぜなら、実際に実践している人の口コミや評判もあわせて紹介するからです。

 

この記事では、確定拠出年金の基本的な特徴やどんな人に向いているのかなどもあわせて紹介し、最後にはおすすめの金融機関や商品もご紹介します。

 

記事を読み終えるだけで、確定拠出年金のことがしっかりと理解でき、あなたに必要か不要かが明確にわかります

 



確定拠出年金とは

 

お金

確定拠出年金とは、自分で作ることのできる老後資金のこと。

 

個人年金や厚生年金に加えて、3つ目の年金を自分で作って、老後資金として備えたい人に対する制度です。

 

制度の特徴

個人や企業で毎月一定の金額を積み立て、60歳の退職まで資産運用して、老後の年金や一時金として受け取れます。

 

多くの企業が採用している企業年金とは違い、転職などで所属する企業が変わってもそれまでの積み立てを引き継ぐことができます。

 

【注意】

転職先も企業型の確定拠出年金制度がなければ引き継げません

 

退職金とはどう違う?

確定拠出年金と退職金の違いは、積立金の運用や受給額、また税制的にまったく違います。

 

違いは表にまとめたほうがわかりやすいですので、こちらをご覧ください。

 

確定拠出年金と退職金の違い

 

確定拠出年金の種類(個人型、企業型)

確定拠出年金は2種類あって、iDeCo(イデコ)の愛称で呼ばれている個人型と、企業が退職金のような扱いで運用する企業型です。

 

個人型のiDeCoとは

 

握手

掛け金を自分自身で運用して、基本的には60歳までに資産運用をして、年金として受け取ります。

 

20歳から60歳までで、国民年金や厚生年金などの公的年金に加入している人であれば誰でも加入することができます。

 

毎月の掛け金は自分の経済状況にあわせて決めることができます。

 

掛け金の最低は5,000円からで、上限額は職業によって違いますので、下記の表でチェックしておいてください。

 

職業 掛け金上限
(第1号被保険者)

自営業者

月額 6万8000円

年額 81万6000円

(第2号被保険者)

公務員

月額 1万2000円

年額 14万4000円

(第2号被保険者)

会社員(企業年金がない場合)

月額 2万3000円

年額 27万6000円

(第2号被保険者)

会社員(企業型確定拠出年金のみに加入している場合)

月額 2万円

年額 24万円

(第2号被保険者)

会社員(確定給付企業年金のみに加入している場合、
確定給付企業年金と企業型確定拠出年金の両方に加入している場合)

月額 1万2000円

年額 14万4000円

(第3号被保険者)

専業主婦(夫)

月額 2万3000円

年額 27万6000円

 

企業型DCとは

 

確定拠出年金の制度を設けている企業に所属した場合に、強制的に加入することになります。

 

掛け金の積み立ては企業がやり、運用も従業員がします。

 

iDeCoに比べて、掛け金の上限が高くて、企業が負担してくれます。

 

確定拠出年金の3つのメリット

 

メリットとデメリット

確定拠出年金には個人型・企業型に共通するメリットが5つあります。

  1. 掛け金が全額「所得控除」される
  2. 運用中に得た利益が全額非課税
  3. 運用資産の受取時「退職所得控除」や「公的年金等控除」の一定額が非課税に

 

掛け金が全額「所得控除」される

確定拠出年金の最大のメリットは、掛け金の全額が所得控除されることです。

 

所得控除とは、所得税や住民税の計算対象となる収入金額から「この分は計算に入れないでおくねー」とマイナスしてくれることをいいます。

どれぐらいの金額がお得になるのかという簡易的なシミュレーションができる便利なサイトを見つけましたので、リンクしておきます

天村聡生

iDeCoシミュレーション

 

運用中に得た利益が全額非課税

通常の金融商品や投資信託などであれば、利益が出たらそこにも税金がかかります。

 

しかし確定拠出年金では、運用中に得た利益が全額非課税になるという優遇制度があるんです。

 

運用資産の受取時「退職所得控除」や「公的年金等控除」の一定額が非課税に

60歳までに運用してから、それ以降は受取になるのですが、株や投資信託などでは運用資産の受け取り時にも税金が掛かります。

 

しかし確定拠出年金では、資産を受取時に一定額が非課税になる制度があります。

 

運用した資産は60~70歳までの間に、「一時金」「年金」「一時金と年金の両方」の3つのいずれかの形式で受け取ることになります。

 

一時金の形式で受け取れば「退職所得控除」があり、年金の形式で受け取れば「公的年金等控除」があるので、税金を抑えることができます。

 

確定拠出年金の4つのデメリット

 

メリットとデメリット

確定拠出年金は節税になるというメリットばかりではなく、デメリットとなる部分もありますので、しっかりと理解した状態でやるかやらないかを判断してもらえればと思います。

 

以下の4つのデメリットがあります。

  1. 60歳まで引き出せない
  2. やめたくなっても途中解約できない
  3. 個人型確定拠出年金は毎月手数料がかかる
  4. 価格変動リスクがある

 

60歳まで引き出せない

確定拠出年金を毎月積み立てていくということは、現状のキャッシュは毎月なくなっていくということになります。

 

最低額の5,000だとしても、年間で6万円、10年で60万円になります。

 

子供の成長でお金が思いのほかかかるようになったとか、親の介護費用が家計を圧迫していても、確定拠出年金は自分が60歳を過ぎるまでは引き出すことができません。

 

やめたくなっても途中解約できない

確定拠出年金のデメリットとして覚えておかなければいけないのが、途中解約ができないことです。

 

大きなケガや大震災被災者になったなどの特別なことがない限り、原則として途中で解約することはできません。

 

たとえ毎月掛け金を払っていくことが経済的に厳しくなったとしても、どうやっても解約することができないということをしっかり理解しておいてください。

 

もしも「仕事をやめて無職」になったり「結婚して専業主婦」になるなどで収入がなくなった場合は、iDeCoの運用を「加入者」から「運用指示者」に切り替えましょう。

 

  • 加入者:毎月最低5000円の掛け金が必要
  • 運用指示者:掛け金不要で。積み立てた資産を何で運用するかだけを決める

 

 

個人型確定拠出年金は毎月手数料がかかる

確定拠出年金の口座開設や維持するのに手数料がかかってきます。

 

iDeCoをスタートさせるときには最低でも2,777円の開設手数料がかかり、毎月の運用にも月167円の手数料が必要です。

 

毎月それだけならデメリットに感じないかもしれませんが、確定拠出年金は長期スパンの投資なので、長期的には多くの手数料を支払う結果になります。

 

価格変動リスクがある

確定拠出年金で運用するメイン商品が投資信託なのですが、リスクは少ないとはいえ株式と同じで価格変動により損をすることもあります。

 

100%プラスになることはないということをしっかりと理解しておいてください。

 

投資信託について、詳しくはこちらの記事で解説しています。

 

 

確定拠出年金が向く人・向かない人

 

確定拠出年金向かない人

確定拠出年金は毎月最低でも5,000円の掛け金が必要で、60歳まで泣こうが喚こうが引き出せないものなので、以下のような人には向いていない制度だと言っていいです。

 

確定拠出年金に向かない人貯金が100万円未満の人

収入がない人

 

確定拠出年金経験者の評判・口コミ

 

スマホからいろいろ

 

 

 

 

 

 

確定拠出年金の始め方

企業型の確定拠出年金は、その制度を採用している会社に所属すれば強制加入となるので、ここでは個人型確定拠出年金(iDeCo)の始め方を説明します。

 

金融機関を決めて申込書を取り寄せる

(ネット上だけでは開設手続きを完結させるこはできません)

必要事項記入

  • 年金手帳に記載された「基礎年金番号」
  • (会社員の場合)勤務先の署名・押印
金融機関へ送付

国民年金基金連合会が審査をおこなう

加入審査完了の通知が届く

(返送後、1~2か月程度かかる)

自分の方針に合う金融商品をえらび運用していく

 

【2019年】確定拠出年金おすすめ金融機関と商品

個人型確定拠出年金(iDeCo)をはじめてスタートさせる場合におすすめの金融機関と金融商品を1つずつご紹介します。

おすすめの金融機関マネックス証券

 

おすすめ金融商品投資信託商品『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』

コストが少なくて済む『マネックス証券』で、投資信託でリスクの少ない『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』を運用するのが初心者にはおすすめです。

 

まとめ:確定拠出年金は良し悪しを理解して慎重に!

確定拠出年金とは
自分で作ることのできる老後資金のこと

 

確定拠出年金の種類

  • 個人型のiDeCo
  • 企業型DC

 

確定拠出年金のメリット

  1. 掛け金が全額「所得控除」される
  2. 運用中に得た利益が全額非課税
  3. 運用資産の受取時「退職所得控除」や「公的年金等控除」の一定額が非課税に

 

確定拠出年金のデメリット

  1. 60歳まで引き出せない
  2. やめたくなっても途中解約できない
  3. 個人型確定拠出年金は毎月手数料がかかる
  4. 価格変動リスクがある

 

確定拠出年金に向かない人

  • 貯金が100万円未満の人
  • 収入がない人

 

おすすめ金融機関と商品

  • マネックス証券
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© スマートシティ , 2019 All Rights Reserved.