お金に困らない、将来に心配しないスマートな人生のための情報

NISAとは?デメリットとつみたてNISAやジュニアNISAとの違い

WRITER
 
NISAとは
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら

 

NISAとかつみたてNISAって言葉を聞くんだけど、じつは内容がわかっていないから知りたいと思ってませんか?

 

じつは、この記事で紹介する『NISAのメリットとデメリット』を見るだけで、誰でも簡単にNISAの魅力がわかります

 

なぜなら、実際に実践して利益を得ている人の口コミもあって、利用者が得をしているからです。

 

この記事では、NISAとは何かなどの基本的な部分を紹介して、なぜ初心者におすすめなのかメリットやデメリット、最後にはおすすめの証券口座も紹介します。

 

記事を読み終えるだけで、NISAのことがしっかりとわかり、あなたにとって必要な資産運用かどうかがハッキリわかります!

 



NISA(ニーサ)とは

 

お金を守る

NISAとは、株式投資にかかる税金を非課税にする制度のことです。

 

ただし金額には上限があるなど、非課税になるための条件がいくつかあります。

 

2014年1月から開始した制度なのですが、なぜこのような制度が始まったかというと、貯蓄する割合が多い日本で、少しでも投資に対するハードルを下げて投資する人を多くしたいからです。

 

例:株式の税金

100,000円(利益)× 20.315%(税率)= 20,315円(税金で引かれる額)

 

NISAの種類とそれぞれの違い

 

お金の上で働く会社員

一言でNISAといっても、じつは3つ種類があります。

 

  1. 一般NISA
  2. つみたてNISA
  3. ジュニアNISA

 

それぞれ、どんな違いがあるかは下記表で一覧で見てみましょう。

 

一般NISA つみたてNISA ジュニアNISA
投資可能期限 2023年12月末 2037年12月末 2023年12月末
購入者の条件 20歳以上の全国民  20歳以上の全国民  0歳以上19歳以下の全国民
非課税期間 購入後5年 購入後20年 購入後5年
購入限度額 年間120万円 年間40万円 年間80万円
制度の併用 つみたてNISAとの併用:不可
ジュニアNISAとの併用:可
一般NISAとの併用:不可
ジュニアNISAとの併用:可
一般NISAとの併用:可
つみたてNISAとの併用:可

 

NISAのメリット

 

プラスを掲げる

 

国がひとりでも多くの国民に投資をはじめてほしいと願って始まったNISAという制度には、メリットがあります。

 

税金が非課税になるので初心者のスタートアップに最適

一般NISAであれば5年間、株式投資での売買益が非課税になるというのは、大きなメリットです。

 

通常の株式投資であれば売買益で稼いだ金額に対して税金(20.315%)が課税されるのですが、NISAならそれがありません。

 

ですので、投資をしたことがない初心者のかたにとってはお得で損しにくい制度になっています。

 

上限額が設定されているので大きなリスクがなく、損失額を抑えられる

NISAには年間で投資できる金額が設定されているというメリットがあります。

 

なぜ上限額がメリットなのかというと、大きな損失に至らないからです。

 

たとえば株式投資の怖い部分は、負けたときにその負けを取り返そうとさらに大きな金額を投資につぎ込んでしまうという部分。

 

NISAであれば年間に投資できる上限額が決まっているため、投資金額を自動的に制御しれくれる役目をはたしてくれます。

 

NISAのデメリット

 

うなだれるうさぎ

売買益が非課税になるという大きなメリットがあるNISAですが、デメリットもありますので、始める前にしっかりと理解しておきましょう。

 

手続きが面倒

NISAをスタートさせるうえでまず最初に感じるデメリットが手続きが面倒であることです。

 

なぜなら大きなメリットである非課税の制度を受けるためには条件があり、それをクリアしていないといけないからです。

 

NISAを取り扱っている銀行や証券会社から必要書類を取り寄せて記入して返送して、税務署などの確認作業があるので、開設までに1~2週間程度かかることになります。

 

またマイナンバーの提出義務もあるなど、開設までの手続きが面倒なので敬遠する投資家は多いです。

 

損益通算ができない

NISAには損益通算ができないというデメリットがあります。

 

損益通算とは、2つ以上の銘柄を保有しているときに、1つで利益を出して、もう1つが損失を出した場合、利益を出した分の売買益にかけられる税金を損失を出した分だけマイナスできるという補填制度です。

銘柄① 10万円の利益 → 税金額20,315円

銘柄② 8万円の損失 → 銘柄①の利益からこの損失をマイナスできる

つまり 100,000円(銘柄①) – 80,000円(銘柄②) = 20,000円 × 20.315%(税率) = 4,063円(税金額)

 

これが損益通算という損失の補填制度なのですが、NISAではこの損失通算ができません。

 

NISAが向く人・向かない人

 

NISA向く人向かない人

 

NISAは投資をしたことがない初心者のかたに向いている制度です。

 

なぜなら投資の利益が非課税となるなどのメリットがあるからです。

 

逆に向かない人としては、デイトレーダーなどの短期投資家や、大きく金額を投資して稼ぎたいと思っている人です。

 

年間で投資することができる上限額があるからです。

 

NISA経験者の評判・口コミ

 

耳打ちで驚く女性

NISA口座の開設方法とおすすめ口座

金融機関や証券会社を決める
NISA口座開設の書類請求
申込書に必要事項を記入して返送
税務署での確認作業(1~2週間程度)後、NISA口座開設完了
取引開始して金融商品を購入する

 

おすすめ証券口座

楽天証券がおすすめです。

 

なぜなら楽天ポイントでも投資ができるからです。

 

楽天カードや楽天銀行などと簡単にリンクできるので、なにかと便利で使い勝手がいい証券口座ですよ。

 

楽天証券のNISA申し込みページへ

 

まとめ:NISAでお得に資産運用を

NISAとは
株式投資にかかる税金を非課税にする制度

 

NISAの種類

  • 一般NISA
  • つみたてNISA
  • ジュニアNISA

 

NISAのメリット

  1. 税金が非課税になるので初心者のスタートアップに最適
  2. 上限額が設定されているので大きなリスクがなく、損失額を抑えられる

 

NISAのデメリット

  1. 手続きが面倒
  2. 損益通算ができない

 

おすすめ証券口座

  • 楽天証券

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© スマートシティ , 2019 All Rights Reserved.