お金に困らない、将来に心配しないスマートな人生のための情報

たった5分で友人の目の色を変えた『好きなことがわからない』の真実

WRITER
 
好きなことがわからない
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら

 

『自分の好きなことがわからない』と悩んでいるあなたへ!

 

じつは、しっかりと心の状態を冷静に見つめ直すだけで、誰でも簡単に悩みが解消できるんです。

 

なぜなら、僕の友人にこの記事に書いたことを実際に見せたら、たった5分で好きなことがわからない状態を抜け出そうと決意したからです。

 

この記事では、好きなことがわからない状態と原因を紹介して、現状のままだと将来どんなことが起こるのかというシミュレーションもあわせてご紹介します。

 

記事を読み終えると、好きなことをすぐにでも見つけたいと自然に思えるようになりますよ!

 

好きなことがわからないとはどういう状態か

 

手からハテナ

 

好きなことがわからない状態というのを、ネガティブなことだと考えていませんか?

 

しかし、好きなことがわからない状態というのは、なにも悪いことではありません

 

なぜなら、好きなことがわからない状態とは、他者という視点から自分を見ようとして、わからなくなっているだけだからです。

 

どういうことかというと、「他者への視点」と「他者からの視点」という2つの視点が存在していることによって、「好きなことがわからない状態」が悩みとして浮かび上がってきたということです。

 

もう少し、具体的に説明していきます。

 

誰かと比較して悩んでいる「他者への視点」

好きなことがわかっている他者と比較して、好きなことがわからない自分を、まるでダメな奴のようにネガティブに考えてしまうことが多いのですが、そんなことを考える必要はありません。

 

なぜなら、自分と他人を比べることほど無意味なことはないからです。

 

たとえば、好きなスポーツに打ち込んでいる友人をうらやましく思ったり、何かに一所懸命打ち込んでる人を羨ましいと思っても、あなたがダメな奴という理由にはなりません。

 

何かに打ち込んでいなくても、まわりの人を笑顔にして幸せにしている人がいます。

 

この人はダメな奴でしょうか?

 

他者の目を気にしている「他者からの視点」

好きなことがわからない状態を悪いこととか、ネガティブなことと思ってしまう背景の2つ目も「他者」です。

 

1つ目は「他者への視点」でしたが、2つ目は「他者からの視点」です。

 

もしも、あなたの職場に、週末のたびにキャンプやバーベキューを楽しむという同僚がいたとします。

 

その同僚から、「この人、休みの日に家にいる話ばっかりしてるな」と思われたらどうしようと、あなたは勝手な想像をして心配になるのです。

 

つまり、他者からの目線を気にするあまり、好きなことがわからない状態というのを、勝手に「悪いこと」だと思い込んでいるだけということです。

 

好きなことがわからない状態は、本当は悪いことでも、ネガティブなことでもないのです。

 

好きなことがわからない原因

 

のぞき見する猫

 

もう少しだけ「好きなことがわからない状態」を掘り下げてみます。

 

今度は、なぜ「好きなことがわからない状態」になってしまったのかの原因の部分。

 

他者視点から自分を見ようとするから、自分の好きなことがわからなくなると解説しましたが、その状態になった大きな原因は2つです。

 

  1. 環境が見えなくさせた
  2. 経験不足や知識不足

 

環境が見えなくさせた

好きなことがわからないのは、あなたがこれまでに所属してきた「環境」が原因です。

 

なぜなら、人は環境で悪魔にでも天使にでもなるほど、環境に依存する生き物で、日本の教育システムが「好きなことがわからない状態」にするように組まれているからです。

 

小さい時や、学生時代は好きなことがあったという人も、学校や会社などの社会環境によって「好きなことがわからない」状態にさせられただけという可能性は強いです。

 

同じようなランドセルを背負った小学生時代、同じ制服に身をつつんだ中学・高校時代など、「まわりと同じ」が美徳とされる環境に身を置いてきた人が大半です。

 

「流行りの服を着ておけば、なんとなく安心」という感情が生まれ、街に同じようなファッションの女性が多いのも無理はないですよね。

 

つまり、日本の教育のシステムが、小学校、中学、高校、大学、会社となるにつれて感情を押し殺すような仕組みの「会社員育成場」となっている以上、好きなことがわからない状態にさせられるのは当然のことなので、あなたはネガティブになる必要はないんです。

 

スタンフォード監獄実験

心理学の世界で有名な実験に「スタンフォード監獄実験」というのがあります。

 

ただの大学生を囚人役と看守役に分けて2週間、監獄に入れてシミュレーション実験がおこなわれました。

 

最初のころは、ふざけあっていた囚人役と看守役の大学生たちも、日が経つにつれ次第に態度がかわっていきます。

 

看守は看守を演じるようになって、次第に囚人をいじめるようになりました。

 

いっぽう、囚人は実際に心が病んでいったといいます。

 

当初予定していた2週間だと危険だと判断した実験スタッフが、6日で切り上げたのですが、これに対して看守役の1人が「当初の予定よりもだいぶ短いじゃないか!」と、怒ったというエピソードもあります。

 

つまり、もっと看守として囚人たちを痛めつけてやりたかったと思うようになっていたのです。

 

これほどまでに、環境で人間は変わるということです。

 

経験不足や知識不足

経験したことがないことを好きになることはないですよね。

 

情報を知らなかったり、経験したことがないから、好きなことがわからない状態になるということです。

 

たとえば、小学生の夢で定番なのが「プロ野球選手」や「サッカー選手」ですが、多くの小学生は、その2つの職業のことを「知っている」から、なりたいと思うのです。

 

どれだけ「クリケット選手」が世界的に高い年俸で稼いでいても、「知らない」から小学生の夢ランキングには入りません。

 

このことからわかるように、好きなことがわからない状態というのは、単純に経験不足や知識不足という状態なだけの場合が多いんです。

 

好きなことがわからないまま進む未来予想図

 

うなだれうさぎ

 

好きなことがわからない状態が、どういう状態かわかったところで、次に「このまま」でいいのか、それとも「好きなことを見つける」ほうがいいのかを解説していきます。

 

まずは、「このまま」好きなことがわからない状態で進む未来をシミュレーションしてみましょう。

 

考えられるのは以下の2つです。

 

  1. ずっと探し続けてモヤモヤする
  2. 他人を羨ましいとねたみ続ける

 

ずっと探し続けてモヤモヤする

好きなことがわからない状態は、何も悪いことじゃないと一時的に理解しても、時がたてばまた好きなことを探してしまうようになります。

 

なぜなら、人間はないものばかりに目が行くからです。

 

実際に、この記事をここまで見てくれているあなたは、過去にも同じような記事を検索して、解決しようとしたのではないでしょうか?

 

そのように、好きなことがわかる状態になるまで、ずっとモヤモヤとした気持ちになって、好きなことを永遠と探し続けることになるでしょう。

 

他人を羨ましいとねたみ続ける

好きなことがわからない状態のまま現状が進んでいくと、他者と比較することを今後も続けていくことになります。

 

なぜなら、「他者への視点」と、「他者からの視点」が作用しているからです。

 

ここで厄介なのが、ベクトルは他人に向いているようで、じつは自分にしか向けられていないということなんです。

 

好きなことがわからない状態のまま現状が進んでいくと、他者の視点を介して、自分のことしか見ていない「自己中心的な考え」で、他人と比べる人生を続けることになると予想できます。

 

好きなことがわかる状態になったときの未来

 

夕日が最高

 

好きなことがわからない状態は、それ自体は悪いことではありませんが、未来や将来を考えてみると、なかなかつらい将来になることがわかりました。

 

では、いっそサクッと好きなことを見つけて、明るい未来を手に入れるほうが良さそうですよね。

 

しかも、好きなことがわかるようになれば、自然とベクトルを他人に向けることができるようになります。

 

さらに、他者貢献のなかで自分の存在意義を認識できるようにもなります。

 

さて、あなたはどちらがいいでしょうか?

 

このまま、好きなことがわからない状態でモヤモヤし続けて、他人と比較ばかりする人生か、それとも好きなことがわかって他者に対してベクトルをむけることができる人になるか。

 

まとめ:好きなことを見つけよう!

好きなことがわからない状態とは

  • 悪いことやネガティブなことではない
  • 「他者への視点」で誰かと比較する状態
  • 「他者からの視点」で誰かの目を気にする状態

 

好きなことがわからない原因は

  • 環境が見えなくさせたから
  • 経験不足や知識不足だから

 

好きなことがわからないままだと

  • ずっと探し続けてモヤモヤし続ける
  • 他人を羨ましいとなたみ続ける

 

自分だけを見つめる人生よりも、誰かと楽しんだり、他者を幸せにしていくほうが充実した人生になるはずです。

 

少し極端かもしれませんが、好きなことがわからないことを嘆くよりは、真剣に見つけてみようと前進してみるのはどうでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© スマートシティ , 2019 All Rights Reserved.