スマホ決済やポイントサイトなど得するお金情報や副業など賢く稼ぐ仕事情報でスマートな生活を!

仕事で結果が出ない人がやってしまう3つの大きな間違い!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら

仕事でなかなか思うような結果が出ないと焦りますよね?

 

じつはこの記事で紹介する「仕事で結果が出ない人がやりがちな3つの間違い」を読んでもらえれば、仕事で結果が出ないときにやってはいけないことが誰でも簡単にわかります。

 

さらにこの記事では、仕事で結果を出すための驚くほどシンプルな方法も紹介します。

 

この記事を最後まで見てもらえれば、明日から仕事でどのような行動をしていけばいいか必ずわかるようになります!

 



仕事で結果が出ない人がやりがちな3つの間違い

仕事がうまくいかないとき、多くの人がやってしまう間違いが3つあります。

 

ちなみに「なかなか結果出ない。あーあバカバカしい!やーめた」っていうのは間違いでもなんでもありませんので、3つの間違いにはカウントしていません。

 

それは単なる職務放棄ですので、休暇でもとって心身ともにリフレッシュしましょう。

 

そうではなくて、何としても結果を出したい!と焦る人がやってしまいがちな間違いが3つあって、これらの間違いです。

 

  1. もっとがんばる
  2. やり方をガラッと変える
  3. ググる

 

 

間違い①「もっとがんばる」

なかなかうまくいかないときは「もっとがんばろう!」と強い意志のもとに、さらに行動に拍車をかける人がたくさんいます。

 

しかしそれでも結果は出ませんし、結果が出ないばかりか消費エネルギーが多くなるだけで、やがて疲弊してしまってさらなる深みにハマる危険性すらあります。

 

結果が出ない⇒がんばる⇒空回りする⇒エネルギー不足で撃沈

 

結果が出ないときは、絶対に「今まで以上にがんばる」という選択をとってはいけません。

 

人にはそれぞれ1日に行動できる量が決まっているような気がするのです。

 

同じ作業でも10分でサクッとできる人もいれば、50分かかってしまう人もいる。

 

いろんな分野において行動できる量が決まっている。

 

それなのにそれを無視して「今まで以上にがんばる」ということをしてしまうと、必ず後になって反動がきます。

 

ですので、仕事で結果が出ない時こそ「行動を増やさなければ」と思ってしまう頑張り屋さんのあなたは、がんばるということをしないように心がけましょう。

 

間違い②「やり方をガラッと変える」

今までやってきたことで結果が出なかったから、いっそやり方をガラッと変えようとする人も多いです。

 

しかし、これも結果が出ないときにやってはいけない行動になります。

 

少しだけの修正ならOKなのですが、ガラッと変えてしまうのは本当に避けたいところ。

 

なぜならこれまでやってきたことがすべて崩れるからです。

 

たとえば100日後に結果が出る仕事があったとして、本人や周りの同僚なんかは100日後に結果が出るということはもちろん知っていなくて、3ヶ月間90日がんばってきたけど、結果が出ないからやり方を変えてしまったら終わりですよね。

 

あと10日で結果が出たのに。

 

でもそんなことは当人も、他の人にもわからないから、結果としてやり方をガラッと変えてしまう。

 

そして変えてしまったやり方も同様に100日で結果が出ることだったら、また100日間は結果が出ないということになります。

 

で、結果としてまた100日が経つ前にやり方を変えてしまうのです。

 

これでは出るはずだった結果は、いつまでたっても出ません。

 

そうは言っても、やり方をガラッと変えてしまう行為は、結果が出なければ出ないほどやってしまいたくなるから厄介なんです。

 

仕事で結果が出ないときこそ、今のやり方を変えないように気持ちを強くもつ必要があるんです。

 

間違い③「ググる」

情報があふれかえっている現代だからこそ、仕事で結果が出ていないときには、その情報に頼ってしまいたくなるもの。

 

しかしそれをやるとかなりの高確率で結果が出ない渦に飲み込まれます。

 

「仕事で結果を出す3つの方法」とか「サラリーマンがすぐに成功する5つの法則」とかってタイトルに食いついて情報を集めるだけ集める。

 

そして一番怖いのは、情報を集めれば集めるほど「何かやった気になる」ということです。

 

実際にはあなたの仕事が好転するような行動をしていないのに、もっともらしい情報を知ることによって「仕事がうまくいっている」ような錯覚を覚えるんです。

 

「なるほど!こういうやり方をすればいいのか!」と納得すればするほど、あなたは行動しません!

 

素晴らしい情報を得たら脳はそこで満足してしまうからです。

 

スマホで簡単にググれる時代になって便利になった反面、人は「自分の頭で考えて行動する」ということが極端に減りました。

 

他の誰かがうまくいった仕事術が、必ずあなたに当てはまるなら、その情報を発信している人はもはや神です。

 

万人が使えて成功する方法なんてないんです。

 

でも仕事で結果が出ないという「つらい状態」のときには、そんな当たり前のことすら「盲目」になってしまうんです。

 

だから仕事で結果が出ない時こそ、ググって情報を仕入れることはやめておきましょう。

 

仕事で結果を出すたった1つのシンプルな方法

仕事で結果が出ないときにやりがちな3つの間違いを見ていると、なんとなく答えは見えてきたかもしれませんが、仕事で結果が出すための行動はじつはシンプルです。

 

シンプルですが、だからこそ難しいとも言えます。

 

それは「今やっている行動を、行動量そのままに続けること」です。

 

これまでやってきたことを継続する

おいシンプルすぎるだろ!と思ったかもしれませんが、これが最短ルートであり、これ以外に方法はないです。

 

これまで続けてきたことをそのまま継続していくんです、どれだけ結果が出なくても。

 

こんなつらい状況はないと思います。

 

メンタルが強くないとできません。

 

多くの人はメンタルが弱いから、「変化」に逃げたり「情報」に逃げたりします。

 

でも逃げてはいけません。

 

今の行動を続けるんです。

 

多少のテコ入れぐらいならOKですが、大きくやり方を変えてはいけませんし、行動量を増やしてもいけません。

 

先程の例で言うと、「結果が出るかどうかなんてわからないこと」を、ただひたすら100日間やり続けるんです。

 

それができる人が結果を残し続けていくだけで、結果をつねに残している人が「あまりがんばっているように見えない」のもそんな理由があります。

 

結果を残している人は「がんばってない」んです。

 

やっていることと言えば、これで結果が出ると信じたことを、自分に見合った行動量で、ただコツコツ継続しているだけです。

この記事を書いている人 - WRITER -
【肩書:副業応援家】副業でやったアフィリエイトが楽しすぎて『作業時間』のために優良ホワイト企業を脱サラ!最高月収282万!しかし、その後サイト順位下落で月収6万円に…地獄を見るも動じないメンタルで復活!人生を楽しくしてくれる副業情報をお届けしてます!!
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© スマートシティ , 2019 All Rights Reserved.